このページの本文へ

CoolerMaster「HAF XM」

通気性が高いCM製ミドルタワーケース「HAF XM」を日本初展示

2012年09月06日 23時21分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 来週14日から発売開始予定のクーラーマスター製フルタワーPCケース「HAF X」のミドルタワー版となる「HAF XM」のサンプル版がPC DIY SHOP FreeTで展示中だ。

“ハイエアフロー”がコンセプトのフルタワーPCケース「HAF X」のミドルタワー版となる「HAF XM」が週明け登場予定

 “ハイエアフロー”がコンセプトのフルタワーPCケース「HAF X」の姉妹モデルが登場する。本体サイズは252(W)×579(D)×530.5(H)mm、重量10.5kg、対応フォームファクターはE-ATX、ATX、Micro ATX。一般的なミドルタワーケースとしては大柄な部類ながら200mm角ファンを最大4基まで搭載可能。140mm口径ファンを併用すれば、最大9基の冷却ファンで強力なエアフローを作ることができる。
 また、右側面を除く、前面、背面、上面、底面、左側面の5面にメッシュ部分を導入。ファンの有無に関わらず高い通気性を持たせることで、PCケース内の温度とPCケース外の温度をできるだけ近づく設計となっている。

200mm角ファンを最大4基まで搭載可能。140mm口径ファンを併用すれば、最大9基の冷却ファンで強力なエアフローを作ることができる

 そのほかベイ数は、5インチ×3、3.5インチシャドウ×6、2.5インチシャドウ×7(内6つは3.5インチと併用)。2.5インチ/3.5インチSerial ATA対応のフロントアクセス対応リムーバブルHDDケース「X-dock」も2基用意される。
 いち早くサンプル機の展示を開始したPC DIY SHOP FreeTによると、予価は1万8000円。週明け14日に販売が予定されている。

フロントアクセス対応リムーバブルHDDケース「X-dock」も2基搭載。トップ部分にはスマートフォンやUSBメモリーなどを置くスペースも用意されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中