このページの本文へ

ネット通販の利用、「経験あり」が84%…セレス調査

2012年08月03日 00時40分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 セレスは7月31日、「インターネットショッピング利用状況調査」を実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、インターネットショッピング利用経験では、「利用したことがある」(84.2%)、「利用したことがない」(15.8%)となった。

 利用頻度順を全体でみると、「2~3カ月に1回程度」(27.0%)、「月に1回程度」(23.2%)、「月に2~3回程度」(21.1%)、「週に1回以上」(3.6%)、「週に2回以上」(1.8%)。一番多かった「2~3カ月に1回程度」の回答から、季節の変わり目や環境変化のタイミングにインターネットショッピングを利用する人が多いと分析した。

 また全国の18-59歳の男女981人に対して「インターネットショッピング利用状況」についてモバイルリサーチを実施。「利用経験のあるサイト」では、「楽天市場」(68.5%)、「Amazon」(58.0%)、「Yahoo!ショッピング」(38.6%)となった。

 調査期間は7月14日から23日。調査対象は男女18~55歳。有効回答は981サンプル。

 ■「調査結果」(http://pc.moppy.jp/lab/archives/518

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く