このページの本文へ

ゴメス・コンサル、共同購入サイトの比較調査結果を発表

文●通販通信

2011年03月23日 10時12分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ウェブサイトの評価・アドバイス・構築サービスを提供するゴメス・コンサルティングは3月22日、「共同購入クーポンサイト比較調査結果」を発表した。

 同調査では、グルーポン、ポンパレ、シェアリー、KAUPON、TOKUPO、Pikuの提供地域、クーポンの種類・内容、決済方法、サイトの使い勝手などを調査。

 「グルーポン」の提供地域は国内全域。飲食系クーポンでは、平均有効期間が6ヶ月と6サイト中で最長だが、飲み放題やドリンクが付かないケースが目立った。決済方法は、クレジットカードのほか「楽天あんしん支払サービス」。

 「ポンパレ」も国内全域が提供地域で、クーポンの種類も宿泊系を除く全てをカバー。飲食系クーポンでは、飲み放題やドリンクが付くクーポンが少なく、利用制限が設けられているケースも目立った。決済方法は、クレジットカード、「楽天あんしん支払サービス」「モバイルSuice」「モバイルEdy」と豊富。

 「シェアリー」の提供地域は国内全域。飲食系クーポンの割合が高く、全てに飲み放題かドリンクが付いていたこと、平均有効期間も5ヶ月と長いこと、利用制限が設けられていなかったことが特徴。決済方法としてクレジットカード、「Yahoo!ウォレット」「楽天あんしん支払サービス」を用意していた。

 ■「共同購入クーポンサイト比較調査結果」  (http://www.gomez.co.jp/company/press/110322.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く