このページの本文へ

共同購入サイト、2月の販売総額は緩やかに回復

文●通販通信

2011年03月03日 09時46分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 共同購入クーポンの検索サービス「クーポンジェイピー」を運営するシープジェイピーは3月1日、「共同購入クーポンサイト市場動向」を発表した。

 共同クーポンサイト(155サイト)の2011年2月のクーポン販売総額は、前月比4%増の19億4841万円となり、緩やかながら販売金額は回復した。

 個別の販売実績をみると、1位は「GROUPON」で同10%減の8億8202万4386円。通販系クーポンの掲載を極端に抑え、目立ったキャンペーンも行わなかったため、日単位では横ばい傾向が見られた。

 2位は「ポンパレ」で同30%増の6億2153万6244円。クーポン掲載数の大幅強化とキャンペーンが功を奏し、過去最高だった2010年12月の販売金額を上回った。3位は「トクー!ポン」で同28%増の6943万2942円。引き続き好調な売り上げを背景に、対象エリアの拡大に力を入れている。

 このほか、購買力が旺盛な東京圏よりも、エリアに特化した地域型クーポンサイトが堅実に販売金額を伸ばしている傾向も見受けられた。

 ■「共同購入クーポンサイト市場動向」  (http://cp4u.jp/pdf/coupon-jp_report_201102.pdf

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く