このページの本文へ

「教えて!goo」の質問回答データに自動的にタグ付与する実証実験「QA ON/OFF(キューエー・オンオフ)」開始

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2011年02月21日 18時05分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

「教えて!goo」の質問回答データに自動的にタグ付与する実証実験「QA ON/OFF(キューエー・オンオフ)」開始

日本電信電話株式会社とNTTレゾナント株式会社は2011年2月21日、ポータルサイト「goo」で提供するQ&Aサービス「教えて!goo」において、質問回答データに関連するタグを自動的に付与する「階層的オートタギング技術」の実証実験サービス・「QA ON/OFF(キューエー・オンオフ)」をgooラボにて提供すると発表した。

ユーザが自由に質問・回答できるコミュニティ型のQ&Aサービスの場合、様々な質問・回答データが作成されるうえに、その質問内容も多岐にわたるため、整理・分類することは極めて難しい。多くのQ&Aサービスを提供するサイトは情報を整理したカテゴリを用意しているが、意図する情報を探しにくいという課題を抱えている。

この問題の解決策として、ソーシャルブックマークに代表されるように、ユーザが文書に付与したタグによって整理するアプローチが考えられるが、人力では全てのデータにタグを付与することは現実的ではない。

階層的オートタギング技術は、3種類のタグを自動的に付与することで、多様な観点による文書整理を容易に実現するための技術だ。このタグは、各カテゴリで主に扱われている話題を自動的に発見する「主題語発見機能」、文書中には含まれていないが文書内容から統計的に推定してカテゴリタグ・主題タグの組を付与できる「階層分類タギング機能」、文章構造を考慮しつつ、具体的な文字列をキーワードタグとする「抽出タギング機能」の3つから構成される。

この技術を使ったQA ON/OFF は、上記の3つを活用して絞り込み検索を行うことで、目的の文書に到達することを手助けするサービス。今回の実証実験は、階層的オートタギング技術により付与されたタグが、ユーザの検索行動において、目的の文章を検索するための有効な手段になりうるかについて、評価することを目的としている。

階層的オートタギング技術

階層的オートタギング技術は主題タグの候補を自動生成

階層的オートタギング技術はカテゴリタグをタグ候補の中から選択


QA ON/OFF(キューエー・オンオフ)
http://qaonoff.labs.goo.ne.jp/

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く