このページの本文へ

(米国)検索時のキーワード、5ワード以上が約20%に - Experian Hitwise調査

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2011年02月10日 18時35分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

(米国)検索時のキーワード、5ワード以上が約20%に - Experian Hitwise調査

サーチエンジン利用時の検索ワード数 Experian Hitwise

米Experian Hitwiseは2011年2月9日、米国の検索エンジン利用者が検索窓に入力する時のワード数に関する調査結果を発表した。同調査によると、5ワード以上を入力するユーザが20%近くに達する。

1ワードまたは2ワードで検索するユーザが合計で約47%。3ワード以上で検索するユーザが過半数いることを示している。10年単位で検索ワード数の推移を追っていくと、年々、検索時のワード数は増えている傾向にある。なお、この調査は米国(英語)の場合であり、日本語の場合は数自体は減るので注意(5ワードが日本語でそのまま5単語入力するのではない)。

Experian Hitwise reports Bing searches increase 21 percent in January 2011
http://www.hitwise.com/us/press-center/press-releases/bing-searches-increase-twenty-one-percent/

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く