このページの本文へ

米Yahoo!、BOSS V2は課金モデルへ移行

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2010年10月14日 18時52分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Yahoo!、BOSS V2は課金モデルへ移行

米Yahoo!が提供するBOSS(Build Your Own Search Service)の次世代版は、課金モデルに移行する計画だ。BOSSは、Yahoo!検索インフラを開放し、開発者が自由に検索エンジンを開発可能にするオープンプラットフォームで2008年7月から提供されている。検索エンジンをBingにスイッチした後も、BOSSは継続提供することが発表されている。

次のBOSS V2は、1000クエリあたり40セントから75セントのクエリ数に応じた課金モデルを採用する計画。料金はウェブ検索や画像検索、ニュース検索などクエリにより代わる。クレジットカードをあらかじめ登録して利用数に応じて支払い請求されるようにする。

BOSS V2の提供時期は未定だが、米Yahoo! BOSSプロダクトマネジャー・Rahul Hampole氏は、新版提供後、60日間の移行期間を設けると述べている。なお、BOSS V2では構造化データやdelicious data、Site Explorerサービスは利用できない。

Yahoo Search BOSS Evolves to Paid Model
http://www.eweek.com/c/a/Search-Engines/Yahoo-Search-BOSS-Evolves-to-Paid-Model-406369/

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く