このページの本文へ

TIS、eラーニングツールの提供開始

文●通販通信

2010年10月14日 09時45分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ITホールディングスグループのTISは、eラーニングツール「楽々てすと君」のサービス提供を10月より開始した。

 「楽々てすと君」はサントリーグループの情報処理会社であるサンモアテックが2003年に開発したeラーニングツール。サントリーグループ外の顧客へのサービス提供事業に関し、サンモアテックからTISに譲渡する契約を取り交わし、今回のサービス提供が実現した。

 同ツールの基本コンセプトは、「ユーザーが誰でも手軽かつ簡単にコンテンツが作成できる」こと。HTMLなどの専門的な知識がなくても、設問と解説から構成されるテストを、簡単にeラーニングコンテンツとして作成できる。

 また、テストの受験進捗の把握や、受講履歴の管理などの機能も備え、教育プログラム浸透の進捗管理ができる。現在、試用期間1カ月の無料お試しキャンペーンを実施中。

 さらに、携帯電話で「楽々てすと君」を利用できる「モバイルてすと君」もオプションとして提供し、携帯電話からの受講も可能な、eラーニングコンテンツを作成。携帯の画面サイズに合わせたテスト作成などモバイル端末に特化した機能を提供する。

関連サイト

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く