このページの本文へ

商号差止め訴訟、再春館製薬所と再春館薬品が和解

2010年09月17日 09時39分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
医薬品・化粧品メーカーの再春館製薬所は9月16日、健康食品の製造・販売の再春館薬品に対し、類似した商号で混同・誤認を招くとして、商号の使用差止めを求めていた訴訟が和解したと発表した。

 和解により、再春館薬品の商号を変更または抹消し、再春館薬品の表示がされた製品の製造、販売、頒布、引渡し、広告を中止するなどの内容が成立した。

 再春館製薬所は1959年設立。「ドモホルンリンクル」を主力とした化粧品、医薬部外品、医薬品の製造・販売で知られている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く