このページの本文へ

ネットブックのOffice 2007が永続使用可に

2009年09月01日 09時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年4月にネットブック向けとしてリリースされた、2年間限定の短期ライセンス版「Office Personal 2007」。これをライセンス完了(2年経過)後も永続的に利用できるよう、ライセンス形態を変換するパッケージを今年12月に発売する。価格は1万1340円。

永続使用可能に変更するパッケージ 2年間の限定ライセンスのOffice 2007を、永続使用可能に変更するパッケージ。中身は永続使用可能な新しいプロダクトキーが入っているだけ

 このパッケージにはCD-ROMなどのメディアは含まれず、ライセンス認証用のプロダクトキーが内包されている。ユーザーはライセンス期限が切れる1ヵ月前から、このパッケージに含まれる永続利用版ライセンスに変更可能となる。ライセンス認証はオンライン(インターネット経由)もしくは電話で行なう。

 その際、再インストールなどの必要はないため、再度Office用の各種アップデートやセキュリティーパッチを当て直すこともない。また、永続版ライセンスにアップデート後は、Office Standard/Professional 2007やPowerPoint 2007などの単独製品などへのアップグレードが可能となる。


カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ