このページの本文へ

GMOインターネットとアイオイクス、月額10.5万円からのモバイルSEO対策サービス

2008年07月10日 02時33分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 GMOインターネットとアイオイクスは、モバイルサイトを対象としたSEO対策サービス「モバイルSEO+」を提供開始する。成果報酬上限金額の設定が月額10.5万円(税込)の業界最安値水準から利用できるのが特徴。

 近年、モバイルの検索サイトの利用経験者が約9割という調査結果が出ており、モバイルでの検索サイト利用率は高まる傾向にある。これにともない、事業者側でもモバイル経由の顧客獲得に対する関心度が高まっており、同時に顧客獲得方法として、モバイルサイトのSEO対策(モバイルSEO)が注目を集めるようになってきた。

 SEO対策は、検索エンジンからの良い評価を時間をかけて蓄積していくことで上位表示されやすくなるため、早期に開始することが重要といわれおり、すでにモバイルSEOの導入を希望する事業者も数多く存在している。

 新サービスは、業界最安値水準の「スタンダードプラン」と、施策自由度の高い「バリュープラン」の2種類のプランを用意。ウェブサイト内部の最適化と強力な外部リンクによる対策を行うのもので、PCサイトにおいて多くの導入実績を誇るSEO対策を、そのままモバイルSEOでも実現した。

 価格は、「スタンダードプラン」で対策キーワードを定型化し、GMOインターネットとアイオイクスの両社の作業効率を大幅に向上させて作業コストを低減することで、10.5万円~(税込/月額)という低価格で提供する。見積りであらかじめ設定した料金表での『掲載順位実績ベース』による成果報酬型料金を導入しており、「効果が出ないのに料金が発生する」ということがないため、安心して利用できると説明している。

 なお、課金対象検索エンジンは「Yahoo!モバイル」と「Googleモバイル」。「Yahoo!モバイル」の機能を搭載しているSoftbankや、「Googleモバイル」の機能を搭載しているau、docomoでの検索結果においても効果が期待できるとしている。

 

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く