このページの本文へ

TCA、2008年2月の携帯電話契約数を発表

2008年03月10日 04時51分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (社)電気通信事業者協会(TCA)は7日、2月末時点の携帯電話・PHSの契約数を発表した。

 携帯電話機の契約数は全体で51万5800件増の1億137万6300件。純増数の順位はソフトバンクモバイル(株)、KDDI(株)グループ、(株)NTTドコモ、イー・モバイル(株)の順で、イー・モバイルは音声サービス開始前にもかかわらず、NTTドコモに迫っている。

 純増契約数を事業者グループ別に見ると、純増数1位のソフトバンクモバイルが22万8100件増の1804万2300件。KDDIグループ全体では20万1200件増の2983万8700件。内訳はauが24万9800件増の2956万2000件、ツーカーが4万8700件減の27万6600件。順位こそ変わらないものも、前月よりもKDDIが健闘している。

 NTTドコモグループは4万3700件増の5321万4000件となった。イー・モバイルもNTTドコモに迫る4万2800件増の28万1300件となっている。NTTドコモは今月も不調の地域があり、関西エリアでは9700件の減少、北海道エリアでは2500件の減少となっている。

 システム別では、NTTドコモグループのW-CDMA(3G)は49万7100件増の4307万7400件、ソフトバンクのW-CDMA方式は44万9000件増の1320万5300件と、比率で見ればソフトバンクの伸びが感じられる。

 PHSは、2月からウィルコムグループのみの数値となった。2月は2万9500件の減少となっている。

 携帯電話の事業者別契約数(2008年2月末)●全事業者合計1億137万6300件(51万5800件増)●NTTドコモグループ5321万4000件(4万3700件増)●auグループ2956万2000件(24万9800件増)●ツーカー27万6600件(4万8700件減)●KDDIグループ合計2983万8700件(20万1200件増)●ソフトバンクモバイル1804万2300件(22万8100件増)●イー・モバイル28万1300件(4万2800件増)

 システム別●W-CDMA/NTTドコモグループ4307万7400件(49万7100件増)●W-CDMA/ソフトバンクモバイル1320万5300件(44万9000件増)●CDMA2000 1X/au2913万4100件(26万3000件増)●PDC/NTTドコモグループ1013万6600件(45万3400件減)●PDC/ソフトバンクモバイル483万7000件(22万0900件減)●PDC/ツーカーグループ27万6600件(4万8700件減)●cdmaOne42万7900件(1万3100件減)

 PHSの事業者別契約数(2008年2月末)●ウィルコムグループ459万7000件(2万9500件減)

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く