このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Colorio PM-D870

Colorio PM-D870

2006年11月20日 21時21分更新

文● 行正 和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Colorio PM-D870

セイコーエプソン/エプソン販売

オープンプライス(実売価格:2万円台前半)

セイコーエプソン/エプソン販売の“Colorio”(カラリオ)「PM-D870」は、液晶ディスプレーを装備してデジタルカメラ画像などをパソコンなしで印刷できるダイレクトプリンターだ。同社の従来機「PM-D800」の後継上位モデルにあたる製品で、画質などをさらに向上させている。

“Colorio”PM-D870
セイコーエプソン/エプソン販売の2006年冬モデルでは唯一のダイレクトプリンター“Colorio”「PM-D870」。

小ドロップ化&Advanced-MSDT、画像処理プロセッサー
によって画質を向上

 印刷解像度は最高5760×1440dpi、6色インク/ヘッド別体型の染料系インクを採用する点はD800と同様だが、PM-D800では最小インク滴3plだったのに対し、PM-D870では最小1.5plに小ドロップ化した。さらに同社の今期モデルに共通する特徴である、5種類のインク滴サイズを打ち分ける“Advanced-MSDT(Multi Size Dot Technology)”によって粒状感を減少、新開発の画像処理プロセッサー“REALOID”(リアロイド)による印刷の高速化などが図られた。

前面下部と排紙トレイ 背面
最下段は閉じたときの前面パネル、その上が排紙トレイ。左のレバーでDVD-R/CD-R印刷用ガイドがせり出すようになっている。液晶下にあるメモリーカードスロットにもダストカバーが用意されている。右下にあるくぼみに電源コードが横向きに装着される。左上にあるUSBコネクターも端子自体が奥まったところにあるため、背面に端子類が出っ張らないようになっている。

 D800など従来の同社Colorioシリーズは、パソコンからの印刷では最高解像度(5760×1440ドット)で印刷できるが、メモリーカードからのダイレクトプリントでは最高でも2880×720dpiになるという制限があった。今期のモデルからは、プリンター搭載の画像処理プロセッサの処理能力の向上により、メモリーカードからの直接印刷でもプリンターの最高画質で出力できるようになった。

側面
背面給紙ガイドと排紙トレイを展開したところ。給紙ガイドを展開しても後部にはあまり飛び出さず、壁などにぴったりと置けるようになっている。

 本体後部からの給紙、前面への排紙というオーソドックスなスタイルは従来機と同様で、液晶ディスプレーを中心に左右に分かれた操作部もここ最近の“Colorio”シリーズに共通する。液晶パネルは従来の2.4インチから3.5インチへ大型化したほか、本体デザインも変更されている。PM-D800などの昨年モデルが高さを抑えるような傾向だったのに対し、PM-D870では高さが増したものの、全体的にはコンパクトに見えるデザインとなった。具体的には、PM-D800で本体前面の右側にあったメモリーカードスロットが液晶パネルの下に移動するなどして、横幅は30mm短くなっている。

 その分、高さは6mm、奥行きは43mmほど大きくなり、体積/フットプリント的には別に小さくなっているわけではないのだが、複合機のようなこんもりとした外観になって、見た目の印象としてはややコンパクトになり、デスクサイドなどへの収まりもよくなった。

操作パネルとメニュー構造 インクシステム
同社の複合機とデザインを共通化している操作パネルとメニュー構造。複合機と違ってダイレクトプリントのみなので、左側のモードメニューはデジタルカメラ画像のプリント(上)とさまざまな印刷(ファンプリント:下)。インクシステムは従来と同様で、全色別体型6色のインクカートリッジをヘッド部に装着する。

 液晶ディスプレーに表示されるメニューシステムは複合機と同様で、大きなアイコンと文字表示によって作業の流れは分かりやすい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン