このページの本文へ

AC電源に渇入れ!? 100V-115V昇圧トランスがなぜかパーツショップで販売中

2004年06月16日 00時00分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TSUKUMO eX.で、AC100V電源を115Vに昇圧するトランスが販売されている。電装パーツショップなどではごく一般的に販売されているものだが、PCパーツショップでの販売は珍しい。はたしてその用途とは…?

100V-115V昇圧トランス
TSUKUMO eX.で販売中の昇圧トランス。パーツショップでは普通販売されないものだ
AC100Vを115Vに コンセント
AC100Vを115Vに昇圧。ATX電源は115V対応なので、一応仕様上は許容範囲内ではあるコンセントはアース付きタイプ

 CPU、ビデオカードの高性能化にともない、年々増大の一途をたどるPCの消費電力。それに対応するため、電源はこのところ400W~500Wクラスの大容量タイプの売れ行きが伸びている。が、実際ハイスペックなシステムに大容量電源を組み合わせても、なぜか安定動作してくれない……という場合がある。家屋によっては、コンセントの段階でAC100V電源が電圧降下を起こしており、電源がその性能を発揮しきれていないというケースが存在するのだ。同店によると、個人的にこの現象に悩まされている店員が多く、その解決法として今回の製品のような昇圧トランスの使用が流行したとのこと。ならば同じトラブルに悩んでいる人は多いはず……と、店舗で商品として扱うことになったという。
 ATX電源はもともと115V対応となっているので、一応仕様上は許容範囲内ということにはなる。だがあくまで自作PC用として販売されるもので、100V仕様となっている一般家電への使用は言うまでもなく厳禁。また100V対応となっているATX電源も一部にあり、メーカー製PCも大抵は100V対応となっているので、これらに対する使用も当然不可。このように使い方を間違えれば極めて危険なものであるという点は重々注意したいところ。同店でも一切の保証なしという扱いである。価格は5985円。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ