このページの本文へ

NTT-ME、羽田空港“ビッグバード”で公衆無線LANインターネット接続サービスを開始

2003年12月04日 22時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ エムイーと東日本電信電話(株)の東京支店は4日、羽田空港の西旅客ターミナルビル“ビッグバード”に大規模公衆無線LANシステムを構築したと発表した。同システムは、日本空港ビルデング(株)が羽田空港の利用者の利便性の向上を目的に設置するもので、ビッグバードの一般エリアの全域で、公衆無線LANインターネット接続サービスを提供する。サービス開始は8日の13時。

サービス提供エリア
サービス提供エリア(黄色の部分)

提供するサービスは、“公衆無線LANを利用した高速インターネット接続実験”の一環として行なうもので、NTT-MEの“Wi-Fi ZONE”に準拠した“ネオモバイル”プラットフォームを利用する。利用方法を掲載するポータルサイトは、日本語のほか、英語、韓国語に対応しており、ビッグバードホームページのフライト案内などにも無料でアクセスできる。今後、2004年2月には、現在建設中の東旅客ターミナルビルでも提供を開始する予定。

インターネット接続を利用する方法は2種類用意される。“ネオモバイル”の有料トライアルに参加しているISP(※1)の場合、事前にISPに登録するか、ポータルページから“その場”で登録すれば、通常利用しているログインIDとパスワードで利用できる。“ネオモバイル”に参加していないISPのユーザーの場合、24時間利用可能なログインIDとパスワードを500円で発行する(決済はクレジットカード)。

※1 有料トライアル参加ISP “BIGLOBE”(日本電気)、“BizPortal”(理経)、“b-mobile”(日本通信)、“DION”(KDDI)、“DTI”(ドリーム・トレイン・インターネット)、“JENS SpinNet”(ジェンズ)、“@nifty”(ニフティ)、“ODN”(日本テレコム)、“WAKWAK”(NTT-ME)など

今後、2004年1月には、羽田空港へ乗り入れている京浜急行電鉄の主要駅で公衆無線LANサービスを提供しているエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(株)の“無線LAN倶楽部”の会員も利用できるようになる予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン