このページの本文へ

アビッドテクノロジー、波形編集ソフト「BIAS Peak Pro 6」シリーズを発売

幅広いユーザーに対応した波形編集ソフト

2008年08月25日 21時54分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アビッドテクノロジー(株)は16日、波形編集ソフト「BIAS Peak Pro 6」シリーズを発売した。価格は、すべてオープンプライスだ。

BIAS Peak Pro 6」シリーズは、フィルムやビデオ、マルチメディアのサウンドデザインなどを対象にダンスループやリミックス制作、ポッドキャスティング、インターネットストリーミングのためにオーディオの最適化を施せる。AACやMP3などのさまざまなオーディオ形式をサポートしている点も特徴のひとつだ。

BIAS Peak Pro 6シリーズ
実売価格は、「Peak Pro XT 6」が11万5500円(左)、「Peak Pro 6」が5万9850円(中)、「Peak LE 6」が1万7850円(右)

バージョン6では、ワークフローの最適化をもたらすプレーリストの編集やマスタリングの機能追加、RAMキャッシュを用いた編集をはじめとしたパフォーマンス、ユーザーインターフェースの改善など多数の機能追加が施されている。

シリーズ構成は「BIAS Peak Pro 6」を基本に、「BIAS Peak Pro XT 6」は、ノイズリダクション/レストレーションプラグインの「Sound Soap」と「Sound Soap Pro」、プラグインライブラリーの「Master Perfection Suite」を1パッケージにバンドルした製品。一方、「BIAS Peak LE 6」は、録音/再生のビットレートが「BIAS Peak Pro 6」では、最大32bit/10MHzが24bit/96kHzになるほか、対応する外部アプリケーションがGarageBand/Final Cutのみなど機能が限定されている。

対応システムはMac OS X 10.4.3以上(Leopard対応)。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中