このページの本文へ

ビギナー必見!【OS Xクイズ】 第76回

ビギナー必見!【OS Xクイズ】

メール本文の単語下に表示される赤い点線は何?

2008年09月02日 11時00分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【問】メール本文の単語下に表示される赤い点線は何?

  • a.スペルミスの指摘
  • b.強調表示
  • c.英単語であることを示している

【答】

 メール本文の入力中に英単語の下に赤い点線が表示されたら、その単語の綴りが間違っていないか確認したほうがいい。Mailには自動スペルチェック機能が備わっており、内蔵のスペルチェック辞書と入力した英単語を照らし合わせて、辞書に登録されていない語句を赤の点線で指摘してくれるからだ。

 もし間違っていたら、単語のコンテクストメニューから正しいスペルの単語を選択しよう。ただし固有名詞や造語、複合語など、スペルチェック辞書にない単語については、正しく入力しても赤い点線で指摘されてしまう。その場合は、メニューから「スペルを無視」や「スペルを追加」を選べばいい。よく使うスペルは追加しておくのがお勧めだ。

OSXQuiz

赤い点線が引かれた単語の上でコンテクストメニューを開くと、単語の修正候補が表示される。「スペルを追加」を選択すると、指摘された英単語が内蔵スペルチェック辞書に登録され、以降は指摘されなくなる


 メール本文を入力中にいちいちスペルチェックされるのが煩わしい場合は、「Mail」メニューの「環境設定」を開き、「作成」タブにある「スペルチェックの実行」から「しない」を選択しよう。

OSXQuiz

「作成」タブの「スペルチェックの実行」で設定する。「“送信”のクリック時」を選べば、送信直前にまとめてチェックも可能だ


 ということで、正解はaだ。

(MacPeople 2008年8月号より転載)


カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中