このページの本文へ

ホスト/ゲストOSをシームレースに扱える機能を搭載

独イノテック社、仮想化ソフト「VirtualBox」のバージョン1.5をリリース

2007年09月05日 15時09分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

独イノテック社は3日、x86アーキテクチャーマシンの仮想化ソフト「VirtualBox」のバージョン1.5をリリースした。VirtualBoxは、オープンソースで開発が進められている仮想化ソフトで、Mac OS X(インテルマックのみ)、Windows(x86、AMD64)、Linuxに対応している。現在バージョン1.5のバイナリーが公開されているのは、WindowsとLinuxのみ。Mac OS X版は1.4.1-beta2が最新だ。VirtualBoxは個人利用であれば無償。

VirtualBoxインストール VirtualBox
ゲストOS(Windows XP)のインストールは対話形式のインターフェースで進められるうえ、日本語化されているので簡単だWindows版のVirtualBoxを使って、ホストOS(Windows Vista)でゲストOS(Windows XP)を稼働させているところ

バージョン1.5の目玉は、「Seamless Mode」の搭載と64ビットへのOS対応。Seamless Modeは、仮想化ソフト上で稼働するOS(ゲストOS)のデスクトップを消して、ゲストOSのウィンドウを仮想ソフトを稼働させているOS(ホストOS)に融合させるというもの。類似機能は、Mac OS X用の仮想化ソフトである「VMware Fusion」でUnity(ユニティー)、Parallels DesktopでCoherence(コヒーレンス)という名称で搭載されているのみで、WindowsやLinuxの仮想化ソフトでは初となる。

Seamless Modeを有効にすることで、ホストOS上(Windows Vista)でゲストOS(Windows XP)のウィンドウをそのまま扱える。ただし、ホストOSとゲストOSのウィンドウ間でのドラッグ&ドロップのファイルコピーには未対応。

Seamless Mode-Windows Vista Seamless Mode-Windows Vista
「Seamless Mode」を有効にした状態で、ゲストOS(WIndows XP)をホストOS(Windows Vista)で稼働させているところ。Vistaのウィンドウが前面にある場合は、XPのウィンドウが透けて見えるなどVistaのインターフェースを忠実に再現している
Seamless Mode-Windows Vista Seamless Mode-Windows Vista
ゲストOS(WIndows XP)のタスクトレイや言語バーを表示していると、図のようなややこしい画面になってしまう
Seamless Mode-Windows Vista 「Seamless Mode」から通常のウィンドウモードに復帰するには、ホストキー(右Ctrl)+「L」キーを押せばいい

残念ながら、Mac OS X用の最新版(1.4.1-beta2)では、Seamless Modeを有効にできるものの、Mac OS XのデスクトップをゲストOS(Windows XP)のデスクトップが覆ってしまうなど正しく機能しない。

Seamless Mode-Mac Mac OS X用の最新版(1.4.1-beta2)で「Seamless Mode」を有効にすると、ゲストOSのデスクトップが画面全体に表示されてしまう

初出時に64ビット版Windows VistaをゲストOSとして稼働させることができる旨の記述がありましたが、サポートされたのはホストOSとしての64ビット版Windowsです。ゲストOSとしては利用できません。お詫びして訂正いたします。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中