このページの本文へ

8コア/16スレッドのAMD「Ryzen 7 5700G」を搭載

11万円台と高コスパ! コンパクトでありながらテレワークなどに最適なスリム型デスクトップPC「mouse SL8」をレビュー

2022年06月08日 11時00分更新

文● 宮里圭介 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

意外にも拡張性が高い!? ストレージや拡張ボードの増設に対応

 続いてPCの内部を見ていこう。

 ケースを開けてまず気づいたのが、メモリースロットが4本用意されていることだ。コスパモデルでは2本というのがよくあるパターンなのだが、大容量化しやすいよう、4本あるのがうれしい。また、拡張用のPCI Expressスロットも充実しており、×16が2本(うち、1本は×4動作)、×1が1本用意されている。

 拡張カードは背の低いロープロファイルに限られるものの、ビデオカード、HDMIキャプチャー、TVチューナー、10GbE対応のLANなど、多くのカードを増設可能だ。

少し見づらいが、メモリースロットが4本装備されているほか、PCI Expressも3本と、小型PCとしてはかなり充実している

 ストレージ用のシャドウベイも充実しており、上部には2.5インチベイ×2、下部には3.5インチベイ×2がある。さらに、標準装備のM.2 SSDのほかに、もうひとつM.2スロットがあるため、すべて合計すると最大6台のストレージを内蔵できることになる。

2.5インチのSSD/HDDを2台搭載できるベイ。この下には、オプションで追加できるスリム光学ドライブ用のベイがある

本体下部にあるのが、3.5インチベイ。2つのHDDを搭載可能だ。別途マウンターを用意すれば、こちらに2.5インチSSDを搭載することもできる

 拡張スロット部で見逃せないのが、PCI Express×1スロットのすぐ近くに、Wi-Fi用のカードが搭載されていることだ。mouse SL8はデスクトップながら標準でWi-Fi 6に対応しており、そのカードがここにあるわけだ。

搭載されているWi-Fiのカードは、160MHz幅に対応した「Intel Wi-Fi 6 AX200」。最大2.4Gbpsでのリンクが可能な高速モデルだ

デバイスマネージャーからネットワークアダプターのプロパティを開いたところ。最初から使える状態になっていた

 Wi-Fiのアンテナが見当たらないが、これは、前面パネルの内側に配置されているためだ。背面にアンテナが出っ張らないのはうれしいところ。

カテゴリートップへ