このページの本文へ

Core i5-1135G7と8GBメモリーを搭載

10万円台でビジネスに必要な要素が詰まった1台、約1.35kgと軽量でモバイルも快適な14型ノートPC「MousePro-NB210H」

2022年02月24日 16時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「MousePro-NB210H」

 マウスコンピューターのビジネス向けパソコンブランド「Mouse Pro」シリーズから、Core i5-1135G7を搭載する14型ノートパソコン「MousePro-NB210H」が登場した。テレワークでも使える性能に加え、モバイルできる軽量ボディーを採用しており、会社に持っていくマシンとしても使えるのが特徴。

 10万9780円とリーズナブルなため、仕事用マシンの買い替えや、これから新社会人になる人の初めてのビジネスパソコンとしてもオススメとなっている。今回は、MousePro-NB210Hの外観や使い勝手について紹介しよう。

試用機の主なスペック
CPU Core i5-1135G7(2.4GHz~最大4.2GHz)、4コア/8スレッド
グラフィックス インテル UHD グラフィックス
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD(NVMe対応)
ディスプレー 14型(1920×1080ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
内蔵カメラ 約100万画素Webカメラ
インターフェース USB 3.1 Type-C(DisplayPort Alt Mode、USB PD対応)、USB 3.1、USB 2.0、HDMI出力、有線LAN端子、ヘッドフォン・ヘッドセット出力、microSDカードリーダー
サイズ/重量 およそ幅324.9×奥行219.5×高さ19.7mm/約1.35kg
OS Windows 10 Pro(64bit)、Windows 11 Proのダウングレード権を使用

従来モデルより薄型軽量化! 最大3画面出力も可能

ブラックを基調としたシンプルなデザイン

 MousePro-NB210Hのサイズは、およそ幅324.9×奥行219.5×高さ19.7mmで、重さは約1.35kg。従来モデル(重さ約1.44kg、厚さ約22.5mm)と比べてより薄型・軽量になっており、よりモビリティーが向上している。

従来モデルと比べて薄型化

 14型ディスプレーを採用しているので、定番のモバイルマシンの13.3型より広い画面で作業できるほか、十分モバイルできる軽さなので、カバンに入れて会社に持って行くのも楽。持ち運ぶメインマシンとしては最適なサイズ・重さだと感じる。

 加えて、インターフェースとしてUSB 3.1 Type-Cを備えており、DisplayPort Alt Modeにも対応しているため、自宅で1日中作業するといった場合には、Type-C接続で別途大画面ディスプレーと接続しての作業も可能だ。Type-CだけでなくHDMI出力も備えているので、本機の画面を合わせて最大3画面までの同時出力もできる。

ディスプレーは3辺がナローベゼルでスタイリッシュ

 ディスプレーの解像度はフルHDで、ノングレアパネルを採用しているので、太陽光や蛍光灯などの映り込みが少なく、目が疲れにくい。屋内外関係なく快適に作業できるのは、うれしいポイントだ。

 加えて、ディスプレーは180度まで開くことができる。外出先で机がなく太ももの上に置いて作業しなくてはいけないときや、打ち合わせで対面している相手に資料を見せたいときなどにも重宝する。

ディスプレーは180度まで開く

 もちろんディスプレー上部にウェブカメラを搭載しているほか、デュアルアレイマイクも内蔵しているので、ビデオ会議を会社で行なう際はマイク付きイヤフォン・ヘッドセットがあったほうが快適だが、うっかり忘れてしまったときでも本機のみで対応可能だ(その場合は静かな場所を確保する必要があるが)。

 MousePro-NB210Hはテンキーレスでアイソレーションタイプのキーボードを採用しており、キーピッチは約19.1mmとしっかりと確保してある。エンターやスペース、左シフトキーなど文章作成時に頻繁に使うキーも大きく、使い始めてすぐに快適にタイピングできた。

キーボードの打鍵感は良好で、たわみもなく堅牢性も感じる

 タッチパッドはクリック一体型を採用しており感度も良好なので、外出先などマウスが使えない環境でも安心。加えて、タッチパッド左上にWindows Hello対応の指紋認証センサーを搭載しているため、セキュアーかつ素早くログインできるのも魅力だ。

 インターフェースは、左側にUSB 2.0、ヘッドセット端子、有線LAN端子、microSDカードリーダー、セキュリティースロット、電源ボタンを配置。モバイルサイズながら無線だけでなく有線LANを使った通信も可能なのは、ビジネスに使うマシンとしてはうれしいポイントだろう。

左側にUSB 2.0、ヘッドセット端子、有線LAN端子、microSDカードリーダー、セキュリティースロット、電源ボタンを配置

 右側は、USB 3.1、USB 3.1 Type-C、HDMI出力、電源端子を備える。USB 3.1 Type-Cは、DisplayPort Alt Modeのほか、USB Power Deliveryにも対応しているので、45W以上出力可能なACアダプターやモバイルバッテリーを接続すれば給電が可能。

右側にUSB 3.1、USB 3.1 Type-C、HDMI出力、電源端子を備える。外部ストレージを接続する際は、こちら側のUSB端子を使用したほうがいい

 本機に付属するACアダプターも小型だが、極力カバンに入れるものは最小にしたいという人は、別途ACアダプターを用意して会社に置いておけば、会社でも自宅でもアダプターを持ち運ぶことなく給電しながら作業できるので便利だ。

 そのほか、OSはWindows 10 Pro(64bit)を採用しており、Windows 11 Proインストール用のメディアも付属している。加えて、BTOカスタマイズでWindows 11 Home(64bit)やWindows 11 Pro(64bit)への変更も可能なため、職場の環境や個人の好みで選択できる。

ビジネスで使いやすい要素が詰まったモバイルノートパソコン

 MousePro-NB210Hは、仕事が快適にこなせる性能を持っているほか、自宅でも会社でも使うマシンとしてちょうどいい画面の大きさと筐体サイズを両立。最大3画面出力が可能な外部出力、安定かつ安心のネットワーク通信が可能な有線LAN、快適にタイピングできるキーボードなど、ビジネス向けマシンとして使いやすい要素が詰まった14型ノートパソコンだと感じる。

 また、10万円台からとリーズナブルな価格で購入可能なので、新社会人の初めての1台としてもオススメ。なお、Office 2021搭載モデル(13万7280円から)も用意しているほか、BTOカスタマイズでさまざまな種類のOfficeソフトをカスタム可能なので、届いてすぐ仕事を始められる環境も構築できる。自宅でも会社でも使うビジネス用マシンの購入を検討している人は、MousePro-NB210Hをチェックしてみてほしい。

カテゴリートップへ