日本を含む12ヵ国で低消費電力のLTE-Mに対応

ソラコムのグローバルIoT通信に新プラン「planX3」、月額1ドルで5MBのデータ通信

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

従来の4分の1サイズのエコSIMを採用

 ソラコムは2月18日、データ通信サービス「SORACOM Air for セルラー」において、日本を含むグローバルなIoT通信が利用できる新プラン「planX3」を提供開始した。

 IoTプラットフォームSORACOMは、セルラーとLPWAの通信、IoTシステム構築・運用をサポートするクラウドサービスを提供している。SORACOM IoT SIMは、ひとつの国でも複数の通信キャリアでつながる広いカバレッジや、データ通信を利用しない期間は維持費を無料に設定できる料金体系という特徴から、特にウェアラブルデバイス、位置情報を使ったトラッカーなどの分野で利用が増加しているという。

 新データ通信プラン「planX3」は、2G/3G/4Gが89ヵ国で、加えて日本、ドイツ、フランス、米国など12ヵ国で低電力消費が特徴のLTE-Mを利用でき、利用可能国と対応キャリアは順次拡大を予定している。また、本プランでは、M2M/IoT向けに策定された国に依存しない「901」の国コードを持つIMSIを使用しており、よりIoTに特化したシームレスなグローバル展開に幅広く活用できるとする。

 基本料金は毎月1ドルで5MB分のデータ通信量が含まれる。5MBを超えるデータ通信料金は、利用する国によって異なり、日本およびAPAC地域では1MBあたり0.073ドル〜、欧州主要国では1MBあたり0.02ドル〜、米国では1MBあたり0.037ドル〜。

 初期費用は、カード型SIMでは契約事務手数料として1回線(SIM)あたり5ドル+送料。チップ型SIMでは契約事務手数料として1回線(SIM)あたり6ドル+送料。

 新たな特徴としてplanX3では環境に配慮し、従来のクレジットカードと同じサイズと比べて4分の1サイズのSIMカードを採用。100%再生可能とするプラスチックを採用し、サイズダウンにより世界各地への輸送を最適化、環境問題に配慮している。

 また、IoTデバイスに組み込めるチップ型SIM(emmbeded SIM、eSIM)は、3月より提供開始予定。

SORACOM Air for セルラー

※価格はすべて税抜き。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月