ソラコム、デバイスを無料で貸し出し「自分で学べるIoT通信講座」を開催

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソラコムは11月25日、無料でデバイスを貸し出してIoTのセルフラーニングを支援する「自分で学べるIoT通信講座」を開始。2022年2月28日まで実施する。

 同社ではIoTシステムの開発を学ぶ方向けに技術セミナーを開催するほか、 IoTデバイスを購入できる通販サイト「SORACOM IoTストア」や、利用シーン毎の開発手順書「IoTレシピ」を拡充することでセルフラーニングを支援している。7月・8月に開催した「IoT通信講座」を好評を得たことから、再度の開催となる。

 今回の「自分で学べるIoT通信講座」では、初心者でも比較的はじめやすいデバイスを申込者に無料で貸し出す。貸し出し対象となるのは、GPSと温度・湿度・加速度を計測できるセンサーが一体となった「GPSマルチユニット」、Raspberry Piとウェブカメラがセットになった「簡易監視カメラキット」、Arduino互換のマイコンボードと7種類のセンサーがセットになった「Grove IoT スターターキット」の3種類。

 貸出期間はおよそ3週間。講座の開催期間中は専門家に質問ができる「IoT相談室」も開催。社会人/学生を問わず参加できる。

自分で学べるIoT通信講座
申込み :事前登録制・参加費無料
主催  :株式会社ソラコム
開催期間:2021年11月25日~2022年2月28日
ウェブサイト:https://www.lp.soracom.jp/202111-iot-learning

過去記事アーカイブ

2022年
01月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月