このページの本文へ

サイバー犯罪者は政府や金融などの主要な業界を標的とした攻撃で新たな脅威と戦術を導入、マカフィー「2021年第2四半期 脅威レポート」発表

2021年10月21日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは10月21日、2021年第2四半期中のランサムウェアとクラウドの脅威に関連するサイバー犯罪を調査・分析したレポート「2021年第2四半期 脅威レポート」を発表した。

 第2四半期はランサムウェアが暗躍した四半期となり、とくにコロニアル・パイプラインに対する攻撃後は米国政府にとって最も警戒すべきサイバーアジェンダとなった。政治的な対抗措置を受けて最も影響力のある2つの地下フォーラムであるXSSとExploitがランサムウェアの広告の禁止を発表するなどの対処が図られ、ランサムウェアグループにも大きな変化が見られたという。

 調査によると、2021年第2四半期では次のクラウド脅威インシデントとターゲットが上位10ヵ国(米国、インド、オーストラリア、カナダ、ブラジル、日本、メキシコ、英国、シンガポール、ドイツ)に挙げられている。業界としては、クラウドインシデントのなかで最も標的となったのは金融サービスで、クラウドインシデントの標的の50%を占める。ランサムウェアが最も標的にした業界は政府機関であり、通信、エネルギー、メディア・コミュニケーションが続いている。

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。