このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

PhotoshopやPremiere Proが快適動作、正確な色が再現できる高色域ディスプレーを採用

写真・動画編集入門にも! 薄型のスタイリッシュボディーに第11世代Core&GTX 1650 Ti搭載のクリエイター向け高コスパ14型ノートPC「DAVI 4N」

2021年06月30日 11時00分更新

文● 周防克弥 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PhotoshopやPremiere Proも快適動作!

 続いて、ベンチマークではなく実際のアプリを用いて作業を行なってみた。ベンチマークテストはあくまでもパーツ単体での性能チェックであって、実際の運用の指標程度なので、普段筆者が日常的に仕事で行なっている作業に近い処理を実施し、処理時間の計測と使用感を確認した。

 試したのはAdobeのアプリ「Photoshop Lightroom Classic」(バージョン10.3)、「Photoshop」(バージョン22.4.2)、「Premiere Pro」(バージョン15.2.0)の3つだ。いずれもテスト時の最新バージョンで試している。

 Photoshop Lightroom Classicは定番の画像現像アプリで、デジカメで撮影した写真データの閲覧、セレクト、補正、画像変換を目的としたアプリだ。プロからアマチュアまで幅広いユーザーがいる。今回は、2400万画素のデジカメで撮影した500枚のRAWデータを、PSD16bit形式とJPEG(最高画質)へ書き出す時間を計測、および補正作業の使用感も確かめてみた。

CPU使用率は100%に張り付くがクロックは最大値の4.70GHzまでは上がらず3.20GHz付近までとなった

 500枚のRAWデータを書き出すのに要した時間はPSD16bitへの書き出しが約7分10秒、JPEG(最高画質)へは約7分40秒と、十分に高速なのが確認できた。2~3世代前のハイエンドデスクトップ並の書き出し速度で、モバイルノートでこれだけの速度が出るのは素晴らしいといえるだろう。

 Lightroom Classicの書き出しでは、GPUは使用せずにCPUパワーで押し切る傾向がある。使用率を見ていると100%で張り付いているが、クロック数はブースト最大値の4.70GHzまでは上がらなかった。また書き出し開始直後は4.00GHz前後で動作していたが、すぐに3.20GHzあたりに落ち着いてしまう。電力制限がかかってる可能性があるが結果は十分実用的な速度だと判断できる。

 修正や補正の様子も確認しておこう。Lightroom Classicでは、修正や補正は細かくパラメータを動かしつつ反映されるプレビューを確認しながら作業を進めるが、このプレビュー表示の反映が遅いと著しく作業性が低下してしまう。しかし、DAIV 4NではCPU、内蔵GPU、ディスクリードGPUがバランスよく動作し、カーソルの動きが遅れることなくプレビューが表示されるので、操作性を損なうことはなかった。

変形処理やシャープネスといった、修正や補正のプレビューはかなり快適に動作する

こちらはシャープネス

 Photoshopは、フォトレタッチソフトとしては一番メジャーなアプリ。修正、補正など写真で仕事をしているプロや写真好きなアマチュアまで多くのユーザーが使用しているだろう。Photoshopも、基本的にCPUのパワーで処理を行ない、GPUへの依存度はあまり高くないが、一部のフィルターやプレビュー表示にGPUを利用している。

背景ボケを後から再現するフィールドぼかしやチルトシフトでは、GPUを補助的に使用する

形を整える変形でもCPUがメインで機能するが、GPUも機能しプレビュー表示に役立っている

 例えば、単純な拡大表示や画面隅々を確認するといった作業ではGPUの恩恵が大きく、CPUだけで処理せずGPUも機能することでスムーズに画面描写が行なえている。単純にCPUの処理能力が高いこともあるが、内蔵GPUのIris Xe グラフィックスとディスクリートGPUのGTX 1650 Tiの補助もあり、快適な作業ができた。

 動画編集ソフトとしてはメジャーな1つの「Premiere Pro」は、最近だとアニメ映画の作成ツールとしても有名になっており、プロからアマチュアまで多くのユーザーが利用している。最近は動画投稿サイトへ気軽にアップできるようになっているので、アマチュアユーザーでも使用率は高いだろう。

 今回は、2400万画素のデジカメで撮影した約30秒のカットを複数繋げて、約10分の動画を作成し、YouTubeプリセットでの書き出した際のエンコードにかかる時間を測定した。4Kで撮影した素材から4K動画を、フルHDで撮影した動画から、フルHD動画を書き出している。

4K動画を書き出しているところ。CPU使用率は30%弱と低いが、Iris Xe グラフィックス、GTX 1650 Tiにはかなり負荷がかかっている。GTX 1650 TiのCUDAコアによるハードウェアエンコードが効率よく動作しているようだ

 動画の書き出しにかかった時間は、4Kが約3分、フルHDが約2分と、かなり高速に処理できていた。今回書き出した動画には、エフェクトテロップなどは一切入れずただ繋げただけの軽めのデータで、エフェクトやテロップなどを加えると書き出し時間はもっとかかるだろうが、これだけの短時間で書き出せるのは正直驚きとしかいいようがない。

 GeForce GTXのハードウェアエンコードもそうだが、Iris Xe グラフィックスの動画エンコード支援機能も有効的に機能していると思われる。

エフェクトや補正を加えたときの反映も早くプレビュー再生もスムーズだ

こちらは補正作業中

 エフェクトや補正を加えた場合の反映やプレビュー再生もスムーズだ。静止画の補正と同様にカーソルの動きに合わせて即座に反映されるので、補正作業も的確に楽に行なうことができる。プレビュー再生も若干のコマ落ちはあったものの、動作は滑らかで作業しやすかった。タスクマネージャーの様子を確認すると、Iris Xe グラフィックスとGTXともに動作していないようにみえるが、CPUの稼働率的にGPUも機能していると思われる。動作状況が確認できないものの、快適に動作はしているのは確実だろう。

プロにもアマチュアにも幅広くオススメできる1台
高性能な普段使い用ノートとしても最適!

 DAIV 4Nは、クリエイター向けブランドのDAIVシリーズらしく、高色域の14型ディスプレーを備え、最新の第11世代モバイルCoreプロセッサーにIris Xe グラフィックスの組み合わせ、さらにディスクリートGPUとしてGTX 1650 Tiを搭載するなど、十分な性能を発揮できるマシンだ。また、これだけの性能を持っていながら、重量約1.43Kgのモバイルノートというのも魅力となっている。

 モバイルで持ち歩きつつも性能は十分に確保したいと考えている人や、GTX 1650 Tiという高性能なGPUを搭載していることで、制限を受けずに外出先でも作業をしっかりこなせるパソコンがほしいと思ってる人に、ぜひともオススメしたいマシンだ。

 またプロだけでなく趣味で画像編集や動画編集を行なっているアマチュアの方や、これからクリエイティブ系を覚えたい人、プロを目指したい人にも最適となっている。性能のわりにはかなりリーズナブルに購入できるマシンなので、省スペースで高性能な高コスパモバイルノートがほしいという人も、是非チェックしてみてほしい。

(提供:マウスコンピューター)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ