このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

第11世代Core&RTX 3060搭載の「G-GEAR GA7J-H211/ZT」がゲームもクリエイティブもいい感じ!

2021年04月09日 11時00分更新

文● 藤田忠 ●編集 ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルの次世代CPU、第11世代Coreプロセッサーの販売が3月30日に解禁され、TSUKUMO BTO PCブランドのG-GEARからも、数多くのモデルが登場している。なかでも、新生活がスタートする春本番のこの時期にイチオシなのが、8コア/16スレッドの「Core i7-11700K」と、NVIDIAの新世代ミドルレンジGPU「GeForce RTX 3060」を搭載する「G-GEAR GA7J-H211/ZT」だ。

 最新のゲームタイトルをフルHD(1920×1080ドット)で快適にプレイできるだけでなく、写真や動画の編集、動画配信などにこれからチャレンジしたいという人にも十分なスペックが備わっているのがポイントになっている。

TSUKUMO G-GEARのゲーミングBTO PC「G-GEAR GA7J-H211/ZT」。ここではNVMe M.2 SSDをパワーアップしたカスタマイズモデルを試用している

「G-GEAR GA7J-H211/ZT」の標準構成
CPU Intel「Core i7-11700K」
(8コア/16スレッド、3.6〜5.0GHz)
CPUクーラー Cooler Master「Hyper 212X (RR-212X-20PM-J1)」
(120mmファン、サイドフロー)
マザーボード ASUS「TUF GAMING Z590-PLUS WIFI」
(Intel Z590、ATX)
メモリー 16GB(DDR4-3200、8GB×2、最大128GB)
グラフィックス NVIDIA「GeForce RTX 3060」(GDDR6 12GB)
ストレージ Western Digital「WD BLUE SN550」
(NVMe M.2、PCIe 3.0、1TB)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
(DVD±R 2層書込み対応)
有線LAN 2.5GbE
無線LAN Wi-Fi 6(Intel AX201)
インターフェース USB 3.2 Gen 2x2 Type-C×1、USB 3.2 Gen 2 Type-A×2、USB 3.0 Type-A×4、USB 2.0 Type-A×2、PS/2ポート×1、オーディオジャック、HDMI×1、DisplayPort×3、S/PDIF出力×1
OS Microsoft「Windows 10 Home 64ビット」
サイズ 190(W)×475(D)×435(H)mm(本体のみ、突起物含まず)
直販価格 21万4800円

「G-GEAR GA7J-H211/ZT」は、インテル第11世代Coreプロセッサー「Core i7-11700K」を搭載。シングルスレッドの最大クロックが5GHzと高クロックで、8コア/16スレッドとコア数も豊富な、さまざまな用途で十分なパフォーマンスを発揮すること間違いなしのCPUだ。

 そのうえ、グラフィックスにはNVIDIAのミドルレンジに属する「GeForce RTX 3060」搭載ビデオカードを組み合わせ、定番eスポーツゲームはもちろん、グラフィックスが大幅にグレードアップされた「NieR Replicant ver.1.22474487139...」などといった最新ゲームもフルHD、最高画質でのプレイを狙える。

 マザーボードには、第11世代Coreプロセッサーに最適化された最上位チップセットの「Intel Z590」搭載モデルを採用。7GB/secに迫るリード性能を発揮するPCIe 4.0 ×4対応のNVMe M.2 SSDや、最大20Gbpsの転送速度を発揮するUSB 3.2 Gen 2×2も備える。また、Wi-Fi 6に対応することで、LANケーブルの配線不要で最大2.4Gbpsのリンクを実現できるなど、それぞれの最新インターフェースを備えているのもトピックだ。

G-GEARシリーズでお馴染みの、シンプルなミドルタワーケースを採用。フロントには2基のUSB 3.0ポートを備えている

「G-GEAR GA7J-H211/ZT」の内部レイアウト。3.5/2.5インチストレージベイが豊富で増設もラクだ

USB 3.2 Gen2×2に対応したUSB Type-Cポートや、2.5GbE LANなど、インターフェースは豊富。ビデオカード出力はHDMI×1、DisplayPort×3

マザーボードには、人気のあるASUSの「TUF GAMING Z590-PLUS WIFI」を採用。M.2スロットを3基搭載しており、ともにヒートシンクを備えているので、増設時も安心だ

CPUクーラーは、120mmファンと大型ヒートシンクを組み合わせたCooler Master「Hyper 212X (RR-212X-20PM-J1)」をデフォルトで搭載。長時間のゲーミングや、動画エンコードなどの高負荷時にもファンの音が静かで、CPUを強力に冷やす

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ