このページの本文へ

価格を抑えてゲームもできるモバイルノートPCがほしい人は要チェック

1kg以下で話題のMMORPGや軽めのFPSが快適、税別10万円台でIris Xe搭載の14型ノートPC「LEVEL-14FH057-i7-UXSX」

2021年03月03日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

1kgを切る軽量ボディーでモバイルも余裕
狭額ベゼルで大きめのディスプレー搭載

 LEVEL-14FH057-i7-UXSXのサイズは、およそ幅322×奥行218×高さ19mmで、重さは約0.98g。1kgを切る軽さでかつ厚さおよそ19mmという薄型ボディーなので、余裕でカバンなどに入れて持ち運べる。自宅で家族が寝静まったあとにちょっとゲームがしたい、仕事用のメインマシンにして暇な時間にゲームも遊びたいという人にもピッタリだ。

厚さおよそ19mmで、カバンに入れて持ち運んでもかさばらない

ゲーミング向けは背面にインターフェースを配置していることが多いが、LEVEL-14FH057-i7-UXSXは14型でモバイル向けのため背面には何もない

 筐体カラーはブラックで統一されており、狭額ベゼルも相まってシャープな印象。天板も中心にブランドロゴがあるのみでシンプルだ。ゲームはしたいけどRGBライトなどはとくにいらないという人にはうれしいデザインとなっている。

背面はLEVEL∞のロゴが中心にあるのみ

 ディスプレーは14型で、解像度は1920×1080ドット。ノングレアパネルを採用しているため、MMORPGやFPSといった長時間プレイする傾向にあるタイトルをプレイする際に映り込みやチラつきが少なく目が疲れにくいのはうれしいポイントだろう。

ディスプレーは14型だが、狭額ベゼルを採用しているため従来の13.3型くらいのサイズに収まっている

モバイルでも使いやすいキーサイズ
Thunderbolt 4はUSB PD&DisplayPortに対応

モバイルノートの中では特殊な配置も少ない印象

 キーボードはテンキーレスタイプで、エンターキー周りの文字キーのサイズが小さくなっていることもなく、タイピングしやすい。加えて、ゲームでしゃがみや伏せによく割り当てられている左のShiftやCtrlキーもしっかりとサイズが確保してあり、ゲームプレイで困ることもなかった。

 実際にタイピングしてみると、たわみもなく堅牢性がうかがえた。加えて、しっかりとした押下感もあり、打鍵感は良好。ゲームプレイに加え、仕事で文章を作成したり、Officeソフトを使った作業でも、キーボードに関して使いにくいと感じる部分はほとんどなかった。

ディスプレーは180度まで開くことができる

 インターフェースは、筐体左側にHDMI出力、USB 3.1、Thunderbolt 4を、右側にmicroSDカードスロット、ヘッドフォン出力/マイク入力、USB 3.0を配置している。左右に1基ずつUSB Type-Aがあるので、有線マウスを右側に、外付けストレージなどを左側にといった使い分けが可能。複数のケーブルがからまることもない。

左側にHDMI出力、USB 3.1、Thunderbolt 4を配置

右側にmicroSDカードスロット、ヘッドフォン出力/マイク入力、USB 3.0を備える

 また、Thunderbolt 4はDisplayPort出力とUSB PDにも対応しているため、HDMI出力とあわせて最大3画面出力が可能なほか、USB PD対応の充電器なども使用できる。自宅には本機のACアダプターを、USB PD対応の充電器を会社に常備したり、カバンの中に入れておけば、帰宅してカバンからアダプターを取り出して、外出時にまたカバンに入れるといった手間が省けるのは、うれしいポイントだろう。

カテゴリートップへ