このページの本文へ

macOS Big Sur 11.2配信開始、M1版Mac miniでの外部ディスプレイ問題の修正など

2021年02月02日 05時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、macOSの最新バージョンとなる「macOS Big Sur 11.2」の配信を開始した。M1搭載MacBook Airでの容量は3.25GB。

 今回のバージョンではBluetoothの信頼性を向上したほか、以下の問題が修正されたとしている。

・Mac mini(M1、2020)にHDMI-DVI変換アダプタを使用して外部ディスプレイを接続すると、画面が真っ暗になる場合がある
・“写真”アプリケーションでApple ProRAWの写真の編集内容が保存されない場合がある
・iCloud Driveのオプションで“‘デスクトップ’フォルダと‘書類’フォルダ”を無効にすると、iCloud Driveがオフになることがある
・システム環境設定で管理者パスワードを入力してもロックが解除されない場合がある
・地球儀キーを押しても“絵文字と記号”パネルが表示されない場合がある

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中