このページの本文へ

人気VTuberときのそらさんが求めた初音ミク仕様のPCをTSUKUMOが作成!その一部始終を独占取材

2021年01月14日 11時00分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PCケースやファン、ケーブルまで初音ミク仕様
アクリルクリアパネルはイラスト入りの特注!

 CPUクーラーはThermaltakeの簡易水冷クーラーである「TH240 ARGB Sync」(CL-W286-PL12SW-A)を採用。実況配信をするときのそらさん用に4K/60fpsに対応した内蔵型のキャプチャーボードAVerMediaの「GC573」が用意された。

「TH240 ARGB Sync」は「PS-TPD-0850F3FAGJ-1」と同じく、主要マザーボードのイルミネーションと同期可能なRGBファンを搭載し、LEDコントローラーも付属。冷却効率に優れる240mmラジエーターを備える。直販価格は9098円

「GC573」は4K/60fps、最大1080p/240fps HDR録画&パススルーが可能な次世代ゲームキャプチャー。3種類の発光パターンに対応したRGB LEDも搭載する。直販価格は3万5998円

 そして、PCケースはTSUKUMOとThermaltakeのコラボ製品である「Versa H26 HATSUNE MIKU EDITION」(CA-1J5-00M1WN-05)、さらにケースファンも初音ミク仕様のThermaltake「Pure Plus RGB 12 Hatsune Miku Edition」(CL-F099-PL12SW-A)を使用する。取材日はビデオカード用の8pin、6pinケーブルはブルーグリーン、ピンクの2色である初音ミク仕様のケーブルを使用していたが、本来は緑色に近い初音ミクをイメージした「ミクブルー」のケーブルに付け変えるとのこと。

初音ミクカラー仕様の「Versa H26 HATSUNE MIKU EDITION」は、ATXまでに対応したミドルケース。購入特典として「ミクぬいぐるみ iXimaバージョン mini」が貰える。直販価格は1万1980円

ダストフィルターとリアスロットカバーは初音ミクをイメージしたブルーグリーン、ピンクの2色、5インチベイのカバーは初音ミク達のV3V4xパッケージを手掛けたiXima氏デザインのミクシルエットを含めた計4種が付属

サイドパネルのネジもミクブルーのものが使われた

 ちなみにときのそらさんの中が見えるように、という要望に応え世界的MODアーティスト門馬ファビオ氏の手によって、初音ミクのミクの部屋のイラストがあしらわれたサイドパネルも用意。とてもガチな仕様だ。

初音ミク仕様のアクリルクリアパネルも特注で用意されていた

ケースファンは元々付いていたモノを外し、ミクブルーの「CL-F099-PL12SW-A」に取り換える。フロントに2つ、リアに1つ、そしてCPUクーラーのラジエーターに2つと計5つ使用

カテゴリートップへ