このページの本文へ

マカフィー マルチアクセスにiOS向けセキュリティー機能が追加

ISPぷららの「マカフィー for plala」で「マカフィー マルチアクセス」と「マカフィー セーフコネクト」が提供開始

2020年12月16日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは12月16日、インターネット接続サービス「ぷらら」で提供しているPC・スマホ向けのセキュリティーサービス「マカフィー for plala」において、「マカフィー マルチアクセス」と「マカフィー セーフコネクト」の提供を開始すると発表した。同日からセットで提供を開始している。

マカフィー マルチアクセス iOS向けホーム画面

 マカフィー マルチアクセスは、Windowsやプログラムを最新の状態に保持することでマルウェアへの対策を図れるサービス。情報流出対策として、パソコン上で不要となった情報を消去するシュレッダー機能を備える。今回、これまでの3デバイスから10デバイスまで利用可能となったほか、システムチェック、セーフウェブ、セーフWi-Fi機能といったiOS向けセキュリティー機能も追加した。

マカフィー セーフコネクト ホーム画面

 マカフィー セーフコネクトは、PC(Windows)、スマホ(Android、iOS)において、ユーザーの暗号化通信(VPN)を介したインターネットへの接続を可能にするもの。VPN経由時にデータを暗号化することで、ネットワーク上のプライバシーとセキュリティーを強化し、無料Wi-Fi利用時などに第三者による盗聴を回避する機能を備える。1ライセンスで5デバイスまで利用可能で、データ容量は無制限。

 価格は、ぷらら光・ドコモ光の契約者が月額407円(新規申し込みの場合は最大24ヵ月間無料)。そのほかの接続サービス契約者は月額550円(新規申し込みの場合は最大1ヵ月間無料)。

 対応はOSは、Windows 7/8/8.1/10、Mac OS X 10.11以降、Android 4.1以降(Android 11を含む)、iOS 9.0以降(iOS 14を含む)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

マカフィーは大切なものを守ります。