このページの本文へ

大統領選挙の後にもフェイクニュースは続く!?

2020年11月13日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

選挙が終わってもフェイクニュースは続く

 アメリカ大統領選はまれに見る激戦となった。選挙が終わったとされる今でもなお、不正があった、計算違いがあったという噂のみならず、フェイクニュース、デマが拡散する事態となっている。

 とくに郵便投票の制度は、州ごとに異なる点が多いこともあり、「不正な投票があったのではないか」という声が多かった。ただ、その中には、明らかに誤り、あるいは勘違いに基づいた情報もある。たとえば、数年前に問題となった事件の写真を、まるで今回の選挙で発覚したかのように使っていた情報がSNSで散見された。

 動画や写真を誰もが気軽に投稿できる、そして世界に広がっていく時代では、フェイクのテキストや写真が拡散することによる影響は大きなものとなる。当事者や報道機関が異議を唱える間もなく、ソーシャルメディア上で誤りが拡散される可能性があるのだ。

 選挙で警戒されていたものに、「ディープフェイク」がある。人工知能を用いて、既存の画像や映像などを、別の画像・映像に合成する技術のこと。“ディープ”とは、ディープラーニングを意味している。ディープラーニング技術を活用して既存の画像、音声、動画をソースメディアファイルに重ね合わせることで作成される。

 無料で入手できるパブリックコメントの動画などを使用して、機械学習モデルをトレーニングすると、ある人の言葉が他人の口から発せられる様子を描写したような動画までも作成できるという報告もあり、注意が呼びかけられていた。

 つまり、現代においては、明らかに間違いだとわかるような杜撰なデマだけではない。相当に注意深く見ないと見抜けない巧妙な嘘があなたのところに届く可能性もある。

 大統領選挙が終わっても、それに関連したさまざまな“フェイク”の情報は世界中で現れてくるだろう。そんな時代だからこそ、気になる情報を、よく確認せずに拡散することは危険なのだ。

 もちろん、TwitterやFacebookなどの利用者すべてが、悪意を持ってフェイクニュースを広めようとしているわけではない。「善意で広めた書き込みが、実はフェイクだった」という可能性もある。

 誰しもが怒りや驚きなどの感情を気軽に発信し、いつでもシェアできるようになった代償として、誤った情報の流布と拡散も容易になった面もある。思わず誰かに伝えたくなるようなセンセーショナルな話題こそ、冷静に精査することが求められている。

ショッキングな話題を感情的に判断しない

 フェイクニュースを流した場合、仮に悪意がなかったとしても、自分が問題の一部になってしまう可能性がある。あなた自身が信頼できない情報源と見なされることもあるかもしれない。情報を流す際は責任もともなうのだ。

 そのため、安易に情報に飛びつかず、正しいかどうかを精査する心がけを持ちたい。何が事実で、何がフィクションなのかを見分ける、メディアリテラシーが重要になってくる。

 ソース(情報元)をきちんと確認し、感情的に判断しない、という点が重要だ。公的機関の情報であるかどうかをしっかりチェックしたり、複数のソースにあたったりすることが肝心。悪質なコンテンツに関しては、正規の問い合わせ窓口から通報することも考慮するとよいだろう。

 これは、子供への教育を考える点でも、忘れてはいけない視点だ。どのメディアが信用できると思うか、どうやってそのニュースを知ったかなどを、よく話し合う必要がある。一方的に押し付けるのではなく、しっかり話し合い、判断させる心構えを伝えることが肝心といえる。

 情報を鵜呑みにせず、きちんとチェックする姿勢を身につけたい。今回は、McAfee Blogの「選挙2020:選挙前後のフェイクニュースに注意」を紹介しよう。(せきゅラボ)

※以下はMcAfee Blogからの転載となります。

選挙2020:選挙前後のフェイクニュースに注意

選挙2020:選挙後もフェイクニュースが出回る恐れ。ご注意を

 選挙日までのニュースや会話が激化し、期日前投票が本格化し、オンラインでの誤った情報や完全な偽情報の洪水が続いており、結果が集計されて発表されても、偽情報の流布は間違いなく続くことが考えられます。

 おそらくあなたはそれのいくつかの例をご自身で目にしたことがあるでしょう。たとえば、最近のあるニュース記事では、多数の合法的なソーシャルメディアアカウントが投票に関する誤った情報を共有していると報告されています。例えば、2018年の選挙後に適切に処分された古い空の選挙封筒の写真が、2020年の選挙で無効票という誤った主張をするために使用されていました。このような投稿やその他の投稿が選挙日に突然停止するだろうと考えることは困難でしょう。

選挙日後も選挙の誤報が続く可能性

 以前のブログで、オンラインでの誤った情報が選挙を損なう可能性があることについてこのトピックに触れましたが、もう一度強調する価値があります。選挙に至るまでの日に焦点を当てるのは簡単ですが、大量の郵送投票により、選挙日からおそらく数週間は誰が認定された勝利者であるかがわからなくなる可能性があるため、この選挙は他の選挙とは異なります。

 そのタイムラインが実際にどのように実行されるかはまだわかりませんが、プロセスを曇らせることを目的とした、継続的な誤った情報や偽情報の過剰に備える必要があります。フィードはそれでいっぱいになり、何が真実で何が間違っているかを理解するのは私たち次第です。

ソーシャルメディアのファクトチェックの状況

 悲しいことに、特に55%のアメリカ人がソーシャルメディアを介してニュースを「頻繁に」または「時々」入手すると言っていますが、事実確認の責任の多くは自分自身にかかります。理由はいくつかあります。

 •第1に、ソーシャルメディアプラットフォームはファクトチェックは不十分であり、そのプロセスは、特にファクトチェック方法論の透明性を中心にまだ開発中です。

 •第2に、2つの主要なソーシャルメディアプラットフォームの企業リーダーシップは、プラットフォームでのファクトチェックについて異なる見解を示しています。

 •そして第3に、これらのプラットフォームが1日(または1分)に送り出す膨大な量の投稿により、大規模な投稿をファクトチェックすることが困難な現状があります。

 このような前例のない時代に私たちはどうすればよいのでしょうか。

 歴史的に、私たちは常にニュースの知識のある消費者でなければなりませんでした。そこでは、メディア消費のバランスの取れた情報によって、出来事や事件などのイベントのより明確な全体像を描くことができました。しかし今、フィルタリングされていないソーシャルメディアの時代に、ニュースは多くのメディア、ブロガー、そして個人から私たちに届きます。そして、そのミックスの中で、それらのストーリーの背後にある編集チームが誰であるか(彼らの意図、資格情報、および傾向が何であるか)、そして彼らが誠実で検証された情報源から情報を引き出しているかどうかをすぐに知ることは困難です。その結果、私たちは今日、健全な懐疑論のレベルを高めながら、すべてを読み、見る必要があります。

ニュースのファクトチェック

 それには手間がかかりますが、ソーシャルメディアフィードでフェイクニュースと誤報を見つける方法に関する私の最近のブログでは、潜在的な虚偽を探り出すのに役立ついくつかの指針を紹介しています。

 さらに、フィードに疑わしいことが出てきたときに利用できるファクトチェックリソースの短いリストを次に示します。同様に、チェックしたい特定のストーリーがなくても、ブラウジングに役立ちます。あなたはこれらを手元に置いておくことができます。

 • PolitiFact ポインター研究所
 • FactCheck.org アネンバーグ公共政策センター
 • AP News Fact Check AP通信
 • Reuters Fact Check ロイターニュース
 • Snopes.com Snopesメディアグループ

警戒を怠らない

 選挙が行われ、選挙日の終わりには宣言されない可能性のある結果があるため、特にソーシャルメディアで私たちに提示されるニュースを精査する必要があります。見たり読んだりしたものを事実かどうか確認し複数の信頼できる情報源と相互参照することで、可能な限り確かな情報を得ることができます。これは、投票において絶対に不可欠です。

最新情報を入手

 日々のニュースからの情報収集は重要です。またデジタルの安全性を維持するための情報やマカフィー製品に関する最新情報、および最新の消費者向けおよびモバイルセキュリティの脅威に関する最新情報を入手するには、Twitterで@McAfee_Home(US)または@McAfee_JP_Secをフォローし、ポッドキャストHackableをお聞きください。

 ※本ページの内容は2020年10月27日(US時間)更新の以下のMcAfee Blogの内容です。
 原文:Election 2020: Lookout for Fake News Before and After the Election
 著者:Judith Bitterli

※本記事はアスキーとマカフィーのコラボレーションサイト「せきゅラボ」への掲載用に過去のMcAfee Blogの人気エントリーを編集して紹介する記事です。

■関連サイト

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

マカフィーは大切なものを守ります。