このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スマートスイッチや無線LAN APの多くがクラウド型管理に、IT管理者のテレワーク/在宅勤務を支援

既存の機種にも対応拡大中、「NETGEAR Insight」でNWをリモート管理

2020年09月28日 08時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アプリで簡単デバイス追加、既存ネットワークに合わせた自動設定も

 続いて、このデバイスをInsightクラウドに登録する。Insightのスマートフォンアプリを起動し、「デバイス」タブで画面右上の「+」をタップすると、カメラによる二次元バーコードのスキャン(またはネットワークスキャン)で新規デバイスを追加できる。

Insightアプリを使い、本体裏面の二次元バーコードをカメラでスキャンするだけでデバイスが登録される

 なおこのとき、デバイスを既存のネットワークロケーションに追加するか、新たなネットワークロケーションを作成してそこに追加することになる。前述したとおり、同じネットワークロケーションに属するデバイスはまとめて設定変更ができる。また、このネットワークロケーションに設定されたパスワードが、デバイスの管理パスワードとして上書きされる。

 Insightへの登録作業はこれだけだ。なお、今回はネットワークロケーションを新規作成したが、既存のネットワークロケーションにデバイスを追加した場合、そのネットワークロケーションで設定済みの内容(たとえばVLANなど)が追加したデバイスにも自動的に反映される。

デバイスは既存のネットワークロケーションに追加するか、新規ネットワークロケーションを作成する

新規作成したネットワークロケーションにデバイスが追加された。デバイス名は管理しやすい名前に変更しておこう

 あとはGS110TPの電源を入れてネットワークに接続すると、自動的にInsightクラウドへの接続処理が行われる。数十秒ほど経つと、Insightアプリ上のステータス表示が「接続済み」に変わるはずだ。これでこのスイッチをInsightで運用管理する準備が整った。

追加したデバイスがInsightクラウドに「接続済み」となった

ちなみにGS110TPの場合、Insightクラウドへの接続試行中はPowerランプがオレンジに、接続後はグリーンに光る

社内ネットワークのリモート管理を新たなスタンダードに

 それではInsightアプリから、新たに登録したGS110TPの情報を見てみよう。IPアドレスなどの一般的な項目に加えて、このスマートスイッチが備えるスタティックルーティング(静的ルーティング)、PoEポートといった設定項目も表示されている。たとえば、このスイッチがPoE給電している無線LAN APがハングアップしてしまった場合でも、現地におもむくことなく、リモートからPoE給電をオフ/オンしてAPを再起動させることが可能だ。

InsightアプリでGS110TPのデバイス情報を表示する。ポートごとの詳細設定もできる

 もちろん、日常的な運用監視のための機能も備えている。トラフィック量を監視したり、アラートを一覧したりする作業も、ネットワークロケーション単位でまとめて行えるようになっており、複数のデバイスをまとめて管理するうえで便利だ。ネットワークロケーションの設定内容をクラウドにバックアップする機能も備えている。

今回は1台しか登録していないが、複数台のデバイスがある場合はネットワークロケーション単位でまとめて監視できる

 なおInsightクラウドポータルからも、スマートフォンアプリと同じ稼働監視や設定変更が可能だ。外出先と自宅など、場所と用途に応じて使い分けるとよいだろう。

Insightクラウドポータル(https://insight.netgear.com/)のダッシュボード画面。情報の一覧性はこちらのほうが高い

* * *

 現在、Insightで提供されているプランは「Basic」「Premium」「Pro」の3種類があり、このうち一般的な法人向けプランはPremiumだ(Basicは2台まで無料だが多台数の一括管理に向いていない。またProはマネージドサービスプロバイダー向けのプラン)。Premiumライセンスの価格は、デバイス1台あたり年額1116円(税込)となっている。

 ただし現在は、Insight対応の対象製品を購入すると1年間無料でPremiumライセンスが利用できる(詳細はネットギアのWebサイトを参照)。この機会に「ネットワークのリモート管理」の利便性、効率の良さを体感してみてはいかがだろうか。きっと手放せなくなるはずだ。

 ネットギアでは、ネットワークのリモート管理がこれからのスタンダードになると考え、今後もスマートスイッチや無線LAN AP製品を中心に、Insightによるリモート管理ができるモデルをさらに拡充していく方針だ。また、Insightクラウドを通じてサブスクリプションモデルで付加サービスを購入できる仕組みも整備されていくという。ぜひ注目しておきたい動きだ。

(提供:ネットギア)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ