このページの本文へ

10万円以下のお手頃価格なマシンから、超快適ゲームプレイが可能なハイエンドマシンまで

おうち時間やテレワークにゲーミング環境が最強! 仕事やPCゲームプレイが快適なオススメゲーミングPC4選

2020年05月22日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

税別10万円台でデスクトップ向けCPU搭載のゲーミングノートパソコン「G-Tune P5-D」

「G-Tune P5-D」

 まずは、ゲーミングノートパソコン2機種を紹介。自宅の作業スペースが狭い、いずれは会社でも使いたいといった場合は、ノートパソコンを選択したほうがいいかもしれない。

 ゲームと仕事の比率でいうと、仕事のほうが多めという人にオススメなのが、15.6型ノートパソコン「G-Tune P5-D」だ。先述したとおり、テレワークになると通常の業務よりCPUのパワーが重要になってくる。G-Tune P5-Dは、ノートパソコンながらデスクトップ向けのCore i5-9400を搭載しているのが特徴になっている。

 G-Tune P5-Dは、シンプルかつフラットなデザインを採用しており、ゲームだけでなく仕事にも使える外観になっている。サイズはおよそ幅378×奥行250×高さ30.6mmで、重さは約2.4kg。自宅で移動して利用できるのはもちろん、たまに外に持ち運んで使うことも可能だ。

シンプルかつフラットなデザインを採用

 ディスプレーは15.6型で、解像度は1920×1080ドット。ノングレアパネルを採用しているので、長時間仕事をしたり、ゲームをプレイする際に映り込みが少なく目が疲れにくい。また、HDMIとMini DisplayPortも備えているので、自宅やオフィスでは大画面のディスプレーと接続して使うこともできる。

 標準構成での主なスペックは、Core i5-9400、GeForce GTX 1650、16GBメモリー、256GB SSD。メモリーが16GBのため、普段の作業に加え写真編集などをこなしたい人にもオススメ。設定次第ではあるがゲームもしっかりプレイできる性能でもある。

 価格が10万9800円(税別)からとリーズナブルなのも特徴。予算に余裕があるなら、ストレージをNVMe対応の512GB SSD(+7800円)もしくは1TB SSD(+1万3800円)に強化するのもオススメ。手ごろな価格で仕事が快適にこなせてゲームもできるノートパソコンがほしいという人は、G-Tune P5-Dを検討してみてはいかがだろうか。

G-Tune P5-Dの主なスペック
CPU Core i5-9400(2.9GHz~最大4,1GHz)、6コア/6スレッド
グラフィックス GeForce GTX 1650
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.1×2、USB 3.1(Type-C)、USB 2.0、HDMI出力、Mini DisplayPort、有線LAN端子、ヘッドフォン/ヘッドセット出力、マイク入力、SDカードリーダー
サイズ/重量 およそ幅378×奥行250×高さ30.6mm/約2.4kg
OS Windows 10 Home(64bit)

カテゴリートップへ