このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

在宅勤務のセキュリティ対策 ここに注意

2020年03月27日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テレワークの導入はセキュリティにも目配せを

 新型コロナウイルスの国内感染の拡大を受けて、社員が一斉にテレワーク(在宅勤務)を実施する企業や、はじめてテレワークを導入する企業などが増えている。以前から積極的に活用していた人もいれば、今春からという人もいるはずだ。

 テレワークのメリットは、出勤/退勤の時間を減らせるだけでなく、災害などにともなう通勤困難時や、感染症の流行時などに事業継続性を確保することにも繋がる。

 また、職場だけでなく、自宅でも業務が可能になることで、さまざまな働き方を実践できるというのもポイントだ。

 一方、適切なセキュリティ対策を講じずに、感染の可能性のある個人のPCから企業ネットワークにアクセスすると、サイバー犯罪者にとっては“おいしい”攻撃対象になりうる。テレワークの際にセキュリティを考慮しないと、組織や従業員を、マルウェア攻撃、個人情報の盗難、ランサムウェアなどのセキュリティリスクにさらす可能性があることは理解しておきたい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。