このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2020年のトレンドになりそうな作業領域広いモバイルノートをお手頃価格で購入可能!

15.6型でもモバイルできる薄型軽量! しかも8万円台とリーズナブルで仕事も快適性能のRyzen 5搭載ノートPC「mouse X5」

2020年02月10日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「mouse X5シリーズ」

 働き方改革などにより、モバイルノートパソコンの存在が重要になってきている昨今、注目されているのがディスプレーの大きさだ。モバイルといえば13.3型、大きくても14型が主流だったが、表示領域が狭くて作業しづらいという人も多いのではないだろうか。

 そんな中、2020年にモバイルノートパソコンの仲間入りを果たしそうなのが、15.6型ノートパソコンだ。技術の進歩で薄型&軽量化、とくに狭ベゼルの採用により15.6型ながら従来の14型程度の筐体を実現するマシンも増えてきている。

 15.6型でモバイルといえるマシンは最新技術を投入しているだけあって、比較的高価なモデルが多い。しかしそんな中、税別8万9800円からとお手頃な価格で購入できる薄型軽量な15.6型ノートパソコンが登場した。マウスコンピューターが販売する「mouse X5シリーズ」だ。

 2020年のトレンドとなりそうな大画面でもモバイルできるノートパソコン。持ち運んで使うマシンでもなるべくディスプレーは大きい方がいいという人には、「mouse X5シリーズ」はかなりオススメできる1台となっている。

 また、最近性能の向上で注目度が上がってきているAMDのRyzenを搭載するのも特徴。標準で8GBメモリー、256GB SSDという構成だが、BTOでメモリーやストレージの強化も可能となっている。今回は、ベースモデルの「mouse X5-B」を詳しくチェックしていく。

15.6型ながら、モバイルできるサイズ感を実現しているのが最大の特徴

試用機の主なスペック
機種名 mouse X5-B
CPU Ryzen 5-3500U
グラフィックス Radeon Vega 8 グラフィックス
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD(M.2接続)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
駆動時間 最大15.4時間
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 3.0(Type-C)端子、USB 2.0端子、HDMI端子、ヘッドフォン/ヘッドセット端子、有線LAN端子、microSDカードリーダー
サイズ/重量 およそ幅356×奥行233×高さ17.9mm/約1.4kg
OS Windows 10 Home(64bit)
マウスコンピューター

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ