このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ボーカルの聞きやすさは◎、課題は低域

骨伝導の大本命は完全ワイヤレス型、世界初の「PEACE」を聴く

2019年11月08日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クラファン最高記録の更新なるか?

 骨伝導であり、完全ワイヤレス。BoCoの「PEACE」はそんな個性的な製品だ。

 クラウドファンディングの「GREEN FUNDING」では、7月の募集開始以降、当初の目標を大きく超える支援(11月7日9:00時点で約1億2249万1355円)が集まっており、購入型クラウドファンディング国内最高の1億3200万円に迫る勢いだ。BoCoとしても、創業以来の悲願である完全ワイヤレス骨伝導イヤホンということもあり、熱のこもった製品になっている。

上部から見たところ、下の従来モデルから耳を挟み込む向きが変わっているのが分かる。

 PEACEについては、過去記事でも紹介し、記事自体の反響も大きかった。形状などはモックアップだったが、その後デザインが変更となり、聴覚補助用モデルで重要となる、マイクの位置、さらに装着時の安定感を加味した改善を加えている。写真を比較すると分かるが、従来機種では耳を挟む接触部分が少し小さく、「長時間装着すると耳が痛くなる」「後ろに部材が飛び出ることによりやや取り回しが悪くなる」というフィードバックもあった。これに応えたという。

従来機の形状(モックアップ)

 また、7月の試聴時は、無線機能が本体に内蔵されていなかったが、今回は完全ワイヤレス機となった状態で試聴できた。ただし、音質は最終調整中。現状では、一世代前の骨伝導デバイス(V6)を利用しているが、製品版では最新世代(V7)に変更する予定だ。それに合わせてアンプを強化、イコライジング調整なども煮詰めるとのことだ。最終的には音量も上がり、iPhone(iOS12)の表示で見た場合、二目盛ほど大きい音になる予定だという。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン