このページの本文へ

10月1日以降受講開始分より最大で10万円が受給可能

スタディーハッカーの時短型英語ジムが「一般教育訓練給付制度」対象に

2019年09月27日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スタディーハッカーは9月27日、同社が運営する時短型英語ジムENGLISH COMPANYのプログラムが厚生労働大臣指定講座「一般教育訓練給付制度」の対象となったと発表した。

 対象となるのは「90日間集中プログラムパーソナルトレーニングコース」と「SENIOR TRAINER 90-day Program」。10月1日以降の受講開始が対象となり、給付制度資格を満たす受講生は受講費用の20%(最大10万円)の給付が受けられる。

 90日間集中プログラムパーソナルトレーニングコースは入会金5万円(税抜)/5万4000円(税込み)、受講料3ヵ月(1コマ45分×48コマ)が49万5000円(税抜)/53万4600円(税込み)。SENIOR TRAINER 90-day Programは入会金5万円(税抜)/5万4000円(税込み)、受講料3ヵ月(1コマ45分×24コマ)は59万7000円(税抜)/64万4760円(税込み)。

■関連サイト

カテゴリートップへ