このページの本文へ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている第31回

Aさんが遭遇した、身の毛もよだつ体験

スマホの怖い話~忘れられたゲーム・アプリが化けて出る!?

2019年09月19日 07時00分更新

文● せきゅラボ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「忘れ去られたアプリ」が化けて出る!?

・2つのアプリが二人三脚で悪事を働くことがあります。
・それはアップデートされていない古いアプリの弱点を使った攻撃です。
・対策は、使わなくなったアプリはまめに削除すること。

スマホの奥底に漂う「忘れ去られたアプリ」が反乱?

 暑さも本格化してきました。そこで今回は怪談話よりも背筋が寒くなる、トリッキーなスマホへの攻撃手法についてお話しします。

 最近、Aさんのスマートフォンから連絡先や写真など個人情報が漏えいしていたことが判明しました。驚いたAさんは心当たりを探します。そしてほどなく、宣伝文句に釣られてWebサイトからダウンロードしてしまったゲームが怪しいと目星を付けました。しかし後日、意外な事実を聞かされます。個人情報を外部に送信していたのは、数年間起動すらしていない古いアプリの1つだったのです。いったい何が起きたのか……Aさんは困惑を隠しきれません。

※以上はフィクションです。

二人三脚で悪事を働く「アプリの共謀」の恐怖

 Aさんが遭遇したのは「アプリの共謀」と呼ばれる攻撃です。

 日頃から使っているアプリは定期的にアップデートされますが、これは機能追加や使い勝手の向上のほか、不正アクセスの突破口となる「脆弱性(ウイルスに対する弱点)」を埋めるという大事な役割も担っています。しかし、世に出回るアプリのほとんどは数ヵ月~数年のうちにアップデートが打ち切られてしまいます。

 つまり、それ以降に見つかった弱点は放置されているのです。にもかかわらず、私たちは使わなくなった古いアプリをスマートフォンの奥底に眠らせたまま日々を過ごしているケースが少なくありません。

 悪意ある人たちはそこに目を付けました。

 Aさんがインストールした怪しいゲームは、じつはウイルス入りです。ただし、そのままでは悪さをしません。同じスマートフォン内に、弱点を持った古いアプリが入っていた場合のみ、活動を始めます。ウイルスは古いアプリの弱点を突いて個人情報を横流しさせ、悪意ある人たちの元に送信するのです。

 つまり、古いアプリとの二人三脚で悪事を働くわけです。恐ろしい攻撃ですが、対策は非常に簡単。使わなくなった古いアプリをまめにアンインストール(削除)すればよいのです。この機会に、アプリの整理をしてみるのはいかがでしょうか。

カテゴリートップへ

この連載の記事

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから