このページの本文へ

マカフィーがNanoSecを買収 クラウドとコンテナ導入のリスク低減が可能に

2019年08月20日 16時40分更新

文● 和田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは8月20日、マルチクラウド、ゼロトラストアプリケーションおよびセキュリティープラットフォームであるNanoSecを買収したと発表した。

 この買収により、企業はガバナンスとコンプライアンスを改善し、クラウドとコンテナ導入のリスクを低減することが可能になるという。

 マカフィーのMcAfee MVISION CloudとMVISION Server Protection製品のコンテナセキュリティー機能が強固になり、ハイブリッドなマルチクラウド環境のガバナンス、コンプライアンス、セキュリティーを強化しつつ、顧客はアプリケーションの利用を迅速化できるようになるとのこと。

 NanoSecのセキュリティー機能は、コンテナやKubernetesに導入されたアプリケーションとワークロードに適用され、McAfee MVISION CloudやMVISION Server Protectionに統合される。これらの機能には、継続的な設定コンプライアンスと脆弱性評価のほか、脅威の伝播を検出および防止するためのランタイムアプリケーションレベルのセグメンテーションが含まれる。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから