このページの本文へ

立体CGを360度どこからでも視聴可能

ソニー、円筒型透明スクリーンディスプレー開発

2019年08月09日 13時30分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
360度映像表示可能な「円筒透明スクリーンディスプレイ」(開発品)

 ソニーは7月29日、3DCGの映像を円筒スクリーンに投影可能な「円筒透明スクリーンディスプレイ」を開発したと発表した。立体CG映像を投影することで、360度どこからでも映像を見ることができるとのこと。

 通常、光は透明な物体に対して透過するため、透明ディスプレーはその透明度と投影された映像の輝度を両立するのが困難とされている。今回ソニーは、高い透明度を保ちながら高輝度の映像表示が可能な円筒透明スクリーンディスプレーを開発。独自の円筒投影光学設計により、360度全方位から鮮やかな映像の視聴を可能としている。

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!