このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CPUの性能の高さが光る、Precision Boost Overdriveも試した

これぞ“王道”のAMD構成といえる、50周年記念モデルCPU搭載PCをチェック

2019年07月02日 09時00分更新

文● 宮里圭介 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「G-Master Spear X470 AMD 50th Edition」

 今年で創業50周年を迎えたAMD。2017年に発売したCPUのRyzenシリーズは性能面でインテルを追い越す勢いなうえ、さらにコスパに優れるとあって、一躍人気CPUとなったのは記憶に新しい。さらに今年の頭には、一足先に7nmプロセスを採用した「Radeon VII」を発売するなど、CPUだけでなくGPUでも存在感が大きくなっている。

 そんなAMDが50周年記念モデルCPUとしてリリースしたのが、「Ryzen 7 2700X Gold Edition」だ。このCPUは通常のRyzen 7 2700Xと性能は変わらないが、ヒートスプレッダーにAMDのCEOであるLisa Su氏のサインが刻印されているのが特徴。また、50周年記念Tシャツがもらえるコード入りのカード、サイン入りステッカーなどが同梱されている。

 この50周年記念CPUを搭載したAMDファン垂涎ともいえるBTOパソコンが、サイコムの「G-Master Spear X470 AMD 50th Edition」だ。

ヒートスプレッダーに刻印されたLisa Su氏のサイン。すでに組み立てられた状態となるため実物を見るのは難しいが、AMDファンなら手元に置いておきたいアイテムのひとつだ
50周年ステッカーを始め、先着でロゴ入りクッションやマウスパッドなどのプレゼントも用意されている

CPUもビデオカードもAMDで固めた、王道ともいえるAMD構成

 G-Master Spear X470 AMD 50th Editionは、まさにAMDファン向けという言葉がぴったりなBTOパソコン。GPUに「Ryzen 7 2700X Gold Edition」を搭載しているのは当然として、CPUクーラーは純正の「Wraith Prism」、そしてビデオカードには「Radeon VII」を採用と、王道ともいえるハイスペック構成になっている。

AMDのCPUにAMDのGPUという、王道構成。黒地に赤の色が映えるMSIのマザーボード「MSI X470 GAMING PLUS」が採用されているのも、色に統一感があって好感がもてる

 BTOパソコンなのでスペックを自由に変更できるのもいいところ。サイコムはとくに選べるパーツが多く、メモリーの容量変更はもちろん、通常では変更できないマザーボードですら、多くの選択肢が用意されている。また、コダワリ派の人にうれしいのが、選べるストレージの種類が多いことだ。一般的なBTOパソコンであればSSDといってもM.2かSATAくらいしか選べないのだが、サイコムではメーカーやブランド違いで多数の候補が用意されている。

 例えばG-Master Spear X470 AMD 50th Editionの場合を見てみると、PCI-E接続のM.2 SSDに絞ったとしても、ADATA「XPG SX8200 Pro」、Intel「660p」、ウエスタンデジタル「WD Black」、サムスン「970 EVO」の4種類が選べる。それぞれ容量違いが用意されているので、製品数でいえば10種類という数だ。

 BTOで選べるパーツの数が多いほど、自分好みのPCにできるだけに、BTOパソコン選びでは重視したいポイントといえる。今回試用した構成は、標準構成から光学ドライブをBDドライブとなる「Pioneer BDR-209BK」へと変更したモデルだ。試用機を使い、性能をチェックしていこう。

試用機の主なスペック
機種名 G-Master Spear X470 AMD 50th Edition
CPU Ryzen 7 2700X Gold Edition
グラフィックス Radeon VII
メモリー 16GB
ストレージ ADATA XPG SX8200 Pro(M.2 PCle SSD 512GB)
内蔵ドライブ Blu-ray:Pioneer BDR-209BK/WS2+ソフト(標準はDVD:ASUS DRW-24D5MT+書き込みソフト)
ケース Cooler Master CM690III(クリアサイドパネルタイプ)
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
電源 SilverStone SST-ST75F-GS V2(750W/80PLUS Gold)
サイズ およそ幅230×奥行502×高さ507mm
OS Windows 10 Home(64bit)
「HWiNFO」でCPUとGPUの情報をチェック。8コア/16スレッドの「Ryzen 7 2700X」と、「Radeon VII」が搭載されていることがわかる

前へ 1 2 次へ