このページの本文へ

ひかりTVショッピングで令和最初の夏を切り取るハイブリッド10倍ズームカメラ搭載スマホを手に入れろ!

OPPOの新機種『Reno 10x Zoom』がスゴ過ぎる3つの理由

2019年07月12日 11時00分更新

文● 藤原達矢(アバンギャルド) 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ポイント2
10倍ズーム+超広角を加えた
トリプルカメラ搭載でイメージ通りの写真が撮れる!

 Reno 10x Zoomのアウトカメラはトリプルだ。4800万画素のメインカメラ(F1.7)のほか、120度・800万画素の超広角カメラ(F2.2)とデュアル手ぶれ補正内蔵の1300万画素の望遠カメラ(F3.0)を搭載している。望遠カメラの下にあるセラミック素材の「O-DOT」はわずかに出っ張っており、傾いた面に置いた際のすべり止めや、落とした際にカメラが傷つくのを防いでくれる。

メイン・超広角・望遠のトリプルカメラを搭載。望遠カメラの下にあるセラミック素材の出っ張り「O-DOT」は、床置きのすべり止めや落とした際にカメラが傷つくのを防ぐ役割をしてくれる

 また、画素数が異なる3つのレンズを組み合わせることで「10倍ハイブリッドズーム」での撮影が可能になった。デジタルズームと異なり、10倍の望遠でも画質の劣化を抑えて高精細な写真を撮ることができる。

 同じ位置に立って0.6倍(広角カメラ)、1倍(標準)、10倍(ハイブリッドズーム)で撮り比べてみた。

0.6倍(超広角)

10倍(ハイブリッドズーム)

 広角カメラは、迫力ある風景撮影ができそうだ。また、10倍にズームしても、画質が劣化はほとんど気にならない。

1倍(メイン)

0.6倍(超広角)

10倍(ハイブリッドズーム)

1倍(メイン)

10倍(ハイブリッドズーム)

 夜景を撮る際には、「ウルトラナイトモード2.0」が活躍する。暗いシーンでの撮影ではどうしても写真がざらついてしまうが、ウルトラナイトモード2.0は、一度に複数枚撮影してノイズを検知。各ピクセルをOPPOが設定しているランニングカラーと交換することにより、ノイズを自動で取り除いてくれるのだ。

ウルトラナイトモード2.0を起動して手持ちで撮影した夜景

 ポートレートモードでは、写真の色合いを変更できる5種類のフィルターを搭載。OPPOが、InstagramやFacebookなどのSNSを分析して、ユーザーに人気が高いフィルターを選んでおり、イメージ通りの写真を撮りやすい。また、顔を認識して小顔や美肌の修正をしてくれる機能も自撮りや記念写真をよくする人にとってはうれしい。

ポートレートモードでは、SNSで人気の高いフィルターや、小顔や美肌の修正ができる機能を搭載している

カテゴリートップへ

オススメメーカー

オススメカテゴリ

ひかりTVショッピングの紹介エリア