このページの本文へ

「誰でも使いこなせる」あんしんスマホ

富士通、音声アシスタント用ボタンを装備した5.8型スマホ「arrows U」を発表

2019年06月25日 17時20分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通コネクテッドテクノロジーズは6月25日、新スマホ「arrows U」を発表した。6月28日にソフトバンク取扱店から発売される。

 見やすさ・使いやすさ・あんしんを追求しているという。専用のサイドキー「アシスタントキー」を押すとGoogle アシスタントが起動、話しかけるだけで電話帳や設定、情報の検索などが簡単に行なえる。また、ホームがシンプルとなり大きな文字・アイコン表示となる「シンプルモード」を持ち、初心者でも安心して利用できるという。

側面に音声アシスタント起動用のボタンを装備 

 防水(IPX5/8)や防塵(IP6X)、MIL-STD-810G Method516.7:Shock-ProcedureIVに準拠した高さ1.22mからの落下に耐える耐衝撃性能を備える。カメラには被写体を2つのレンズで撮影するデュアルカメラを採用し、手前の人物や物にピントを合わせ、背景をぼかした写真を撮影する機能を装備。

デュアルレンズを活用して被写体はそのままに背景をぼかすことも 

 OSはAndroid 9、画面はおよそ5.8型(2280×1080ドット)、RAM 3GB/ROM 32GBを内蔵。おサイフケータイ対応、日本語入力システムとして「Super ATOK ULTIAS」を搭載する。