このページの本文へ

震災前から震災発生時の写真や動画を360度VR体験

神戸市とKDDI、阪神・淡路大震災-復興VR-を開発

2019年04月19日 17時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
映像イメージ

 神戸市とKDDIは4月19日、VRコンテンツ「あなたが伝える阪神・淡路大震災-復興VR」を共同で開発した。

 阪神・淡路大震災の教訓を継承し、防災意識を高める目的で制作された。神戸市で開催されるイベント「078」にて4月28日~4月29日まで参加者向けに視聴体験を実施する。内容は震災前から震災発生時の写真、および動画素材を360度に配置したVR体験や、震災から復興の過程と、被災地点の現在の様子の体験。震災の教訓を継承するメッセージや防災教育クイズも含まれる。

 視聴体験の日時は4月28日(13時~18時)、4月29日(10時~18時)。コンテンツは1回5分程度。デザイン・クリエイティブセンター神戸 (兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4)にて開催。

■関連サイト

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!