このページの本文へ

サムスン、トルコテレコムと連携してセキュリティー強化を目指す

2018年下半期は偽アプリが急増、マカフィー「モバイル脅威レポート」を発表

2019年02月26日 13時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米マカフィーは2月25日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて「モバイル脅威レポート」を発表した。偽アプリや不正アプリが拡大している。マカフィーではモバイルデバイスのセキュリティーリスク増加を受け、SamsungとTurk Telekomとの業務提携を拡大する。

 とくに2018年下半期は偽アプリや不正アプリによるセキュリティーリスクが増加し、偽アプリは2018年6月での検出件数が1万件だったのに対して同年12月には6万5000件近くに増加したという。マカフィーによる2019年の脅威予測では偽アプリのほか、音声アシスタントやIoTデバイスの脆弱性なども脅威として挙げている。

偽アプリは2018年後半になって急増

 マカフィーでは、Samsungおよびトルコの大手情報通信技術企業Turk Telekomとの提携を拡大。SamsungではスマートテレビやPCやなどの各種デバイス、Turk Telekomでは固定ブロードバンドおよびモバイルブロードバンドを通じた家庭でのデジタルセキュリティー保護強化に注力するとしている。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる