このページの本文へ

編集部ピックアップの人気SIMフリースマホ全紹介! 【2019年初頭編】 第2回

おサイフケータイ搭載機やmoto mods対応機なども

高性能カメラのファーウェイが強いが、他にも個性派揃い! 人気SIMフリースマホ全紹介【ミドルハイ編】

2019年02月03日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビックカメラグループ専売のファーウェイ製スマホ
両面デュアルカメラ搭載「HUAWEI Mate 20 lite」

 ミドルハイ編では3機種目の「HUAWEI Mate 20 lite」は、ビックカメラグループ専売(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)のモデル。店頭はもちろん、ECサイトでも購入できて、価格は税抜3万4800円。

HUAWEI Mate 20 lite

 特徴的には最新トレンドをもれなく搭載したというイメージで、19.5:9の縦長6.3型液晶に、高性能コアも内蔵するHUAWEI Kirin 710、4GBメモリー、64GBストレージなど。OSはAndroid 8.1だが、9へのバージョンアップを予定。DSDVにも対応している。

 ファーウェイ製スマホらしく、カメラが売りで、アウト/インともにデュアルカメラ仕様になっており、AIが被写体やシーンを判断しての自動設定やワイドアパーチャ撮影などにも対応している。

 印象的なのは背面のデザインで、デュアルカメラと指紋センサーが一直線のシンメトリーの配列になっているのが面白い。カラバリはサファイアブルー、ブラックの2色。

背面のデザインが特徴的

初年度からおサイフケータイ&防水対応モデルを投入
OPPOの本気度が見える1台、「R15 Pro」

 2018年初頭に国内参入を果たしたOPPOだが、同年夏には早くもおサイフケータイや防水・防塵といった、国内ユーザーが求める機能を搭載する注目のスマホを投入した。それが「R15 Pro」だ。

SIMフリーでは希少なおサイフケータイ搭載機でもある、OPPO「R15 Pro」

 スペック的には第1弾モデル「R11s」に近いミドルハイクラス。ディスプレーは19:9の6.28型有機ELで、CPUはSnapdragon 660。6GBメモリー、128GBストレージなどを搭載する。カメラはアウトは16メガ+20メガで、後者は暗所に強い高感度センサー。OPPOのカメラは誰で簡単にキレイに撮れるのが特徴で、本機もその傾向は同じ。

 本体デザインにも力が入っており、透明感のあるガラス素材が用いられており、特にレッドはグラデーションにより、見る角度によって色が変わる。

光の加減で見え方が変わるグラデーションのレッド

 価格は税抜6万9880円と少し高価だが、OPPOには今後もおサイフケータイや防水など、国内向けにカスタマイズされた端末のリリースを期待したい。

ノッチ付き液晶にDSDV、価格も下がってきた
昨夏登場のASUS「ZenFone 5」

ZenFone 5

 昨夏登場のZenFoneシリーズの最新ナンバーモデル。19:9という縦長で狭額縁の6.2型液晶を搭載。CPUは600番台のSnapdragon 636だが、ASUS独自のパフォーマンスアップ機能により、Antutu 7.0のスコアは14万点台。ゲーム以外では性能の不足を感じる場面は少ないだろう。メモリーも6GBと大容量で、ストレージは64GB。この性能で最近は5万円強でも買えるようになってきたので、ライバルとはまだまだ十分に対抗できる。

 カメラは12メガ+8メガの組み合わせで、後者は広角レンズ。F値1.8と明るく、さらにAIにより被写体を自動で認識して、適切な設定を行なう機能なども搭載されている。ネットワーク面では主要3キャリアのVoLTEとDSDVも利用できる。

カラバリは左からスペースシルバーとシャイニーブラックの2色。Zenシリーズの特徴である同心円状の模様がハッキリと見える

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン