このページの本文へ

超音波で触覚を再現

空間触覚タッチパネルを開発の英スタートアップが4500万ドル調達

2018年12月26日 15時30分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
STRATOS Explore Development Kit

 イギリスのスタートアップUltrahapticsは4500万ドル(およそ51億円)の資金調達を行った。Ultrahapticsは、空中触覚タッチパネルを活用した製作ツール「STRATOS Explore Development Kit」などを開発している。

 Ultrahapticsが開発している空中触覚タッチパネルは、スピーカーの並んだパネルから超音波を発し、空中に手をかざすとボタンやモノの触感を感じるというもの。

立体映像などに手応えを感じさせる技術として各種利用が想定されている 

 Ultrahapticsは英ブリストル大学内のプロジェクトとして発足したスタートアップ。2018年現在、STRATOS Explore Development Kitに加えて商業施設などでの使用を目的とした「STRATOS Inspire Haptic Module」、STRATOSシリーズの前モデル「TOUCH Development Kit」を開発している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!