このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

年末年始のテレビ録画の保存には高耐久な「IronWolf」が最適!

2018年12月24日 11時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
24時間365日運用をサポートするNAS向けHDDの「IronWolf」シリーズはテレビ録画にもオススメだ

 「NHK紅白歌合戦」から「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」や「相棒」、「忘却のサチコ」のスペシャルなど、特番目白押しの年末年始。普段あまりテレビ録画行わないひとも、この時期は予約がズラリと並びがちだが、ふと気がつくとテレビやレコーダー内蔵のHDD容量が残り少なくなっているなんてことも。

 そんなときは、慌てずにHDDの増設を行なおう。使えるHDDの最大容量は製品で異なるが、テレビやレコーダーの多くはUSBインターフェースを使った録画HDDの増設をサポート。USB外付けHDDには、バッファローやアイ・オー・データ機器などから発売されている製品のほか、自作PC向けのHDDとUSB外付けHDDケースを組み合わせて自作した外付けHDDを使うことが可能だ。

 そんな自作外付けHDDに魅力的なのが、SeagateのNAS向けのHDD「IronWolf」シリーズだ。24時間365日駆動を想定した設計や振動の影響を低減させるRVセンサーなどといった機能を備え、高耐久を実現するほか、保証期間は3年間と長い。そのうえ、HDD購入と同時、事前に加入しておくことで3年間39.99ドル(4500円前後)という低価格でサービスを受けられるデータリカバリーサービスも自社で用意されているなど魅力がいっぱいだ。NAS向けと謳われているが、その耐久性と信頼の高さから、PCのデータ保存用、外付けHDD用にもオススメできる。

Seagateのデータリカバリーサービスは、海外に製品を送るため多少時間がかかるが、他のデータリカバリーサービスよりも圧倒的に安い。メーカーが直接行なっているサービスなため、データ復旧率が高いのも特徴だ

前へ 1 2 3 4 5 次へ