このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第87回

運動の種類を自動判別、GPS内蔵でスマホいらず、睡眠の質向上もサポート!!

フィットネスにも役立つ本格派ウェアラブル端末「HUAWEI Band 3 Pro」レビュー!

2018年10月24日 14時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自分の睡眠を把握して、改善につなげる
スマホを見失ったときに発見できる機能も

 最後に、HUAWEI Band 3 Proのトレーニング以外の活用法についても見ていこう。

 HUAWEI Band 3 Proには、ファーウェイ独自の睡眠モニタリング技術「HUAWEI TruSleep 2.0」が搭載されている。これは睡眠を計測し、睡眠時間のほか、深い/浅いなどの睡眠の質も解析してくれるもの。ハーバードメディカルスクールCDBセンターの睡眠試験認証を取得している技術だ。

 この技術のいいところは、睡眠の解析だけで終わるのではなく、計測したデータに基づいてアドバイスしてくれるところだ。データの解析から典型的な睡眠障害を識別することも可能で、症状にマッチする最適なアドバイスを提示してくれる。このアドバイスは症状ごとに200件以上あるというから驚きだ。

寝ている間のことなので、当然本人は気づかない睡眠の状況を記録して教えてくれる

 実際に睡眠をモニタリングしてみたが、なかなか正確に自分の睡眠を把握してくれているように感じた。というのも、目覚めが良い睡眠はスコアも高くなっており、自分の感覚と近い値が出ているからだ。また、アドバイスは「就寝前に水分を摂り過ぎると夜中に目が覚めてしまうことがある」など、具体的でわかりやすい。

 じつは筆者はこのところ、睡眠の質を高める方法を模索しており、枕の買い替えなどを考えていたところだった。そのため、HUAWEI Band 3 Proのようなツールで自分の睡眠の質を把握することは非常に有益だと感じた。

 このほか、HUAWEI Band 3 Proには、Bluetooth接続した端末の着信音を鳴らすスマートフォン探索機能や、カメラをリモートで操作して撮影する機能(ファーウェイ製スマホのみ)などが搭載されている。あくまでもメインはフィットネス用途だが、日常生活で便利なスマート機能のことも覚えておくと役立ちそうだ。

部屋の中でスマホを見失ったときは「スマートフォン探索」を押すことで、スマホが鳴ってくれる

 HUAWEI Band 3 Proは、Android 4.4/iOS 9以降の対応となっているので、ファーウェイ製スマホのみならず、現時点で存在する大半のスマホと組み合わせて利用できる。市場想定価格は前述のように税抜1万1880円。本格的なフィットネスにも活用できるし、お手頃に入手できるウェアラブル端末として購入するのもいい。最初の入口はいろいろでも、日常をより便利で充実したものにしてくれるのは確実な1台と言える。



提供:ファーウェイ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店