このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第97回

コンパクトな筐体ながらカラー表示の有機ELディスプレイが見やすい!!

独自センサーとAIアルゴリズムで心拍計測や睡眠をサポートする ウェアラブル「HUAWEI Band 3」レビュー!

2019年03月26日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シンプルなのに高機能。ファーウェイのウェアラブル端末「HUAWEI Band 3」を今回はレビュー。カラバリはパールブラックのほか、ウェブ限定のコーラルオレンジとオーロラブルーの3色が用意される

 スマートフォンやタブレット、ノートPCなど、さままざまなジャンルにわたって提供されているファーウェイ製品を詳しくレビューしている「ファーウェイ通信」。今回取り上げるのはウェアラブル端末! 新登場の「HUAWEI Band 3」は、カラー表示の見やすい画面でマルチスポーツ対応、心拍や睡眠のモニタリングも可能。その魅力を紹介していく。

マルチスポーツ対応で、心拍も計測可能
大画面で操作しやすく、軽量設計で装着感も良好!

 何と言ってもスマホのイメージが強いファーウェイだが、以前からウェアラブル端末にも力を入れており、ラインアップは豊富だ。今回紹介する「HUAWEI Band 3」は、気軽に装着できるリストバンド型で、主にフィットネス用途で活躍してくれるモデルとなる。

装着していても邪魔にならない小型のリストバンド型端末ながら、カラー表示が見やすい

 まずは、その特徴から見ていこう。HUAWEI Band 3はカラー表示の有機ELタッチディスプレーを搭載しており、画面サイズは0.95型(解像度は240×120)。リストバンド型のウェアラブル端末としては比較的大画面であるため、タッチ操作がしやすい。また、ランニングやサイクリングなどのトレーニング中に表示を確認する際の視認性も良好だ。

基本的には上下のスワイプとタップで操作できる

 本体重量が約24gという軽量設計も特長だ。バンドはシリコン素材で、着け心地はとにかく自然という印象。トレーニング中はもちろん、睡眠時でも違和感のなく着けたままでいられることは、こうしたウェアラブル端末の場合は大きな美点となる。また、5気圧防水仕様にもなっており、スイミング時の使用もOK。屋外でのランニングなどで急な雨に降られたりしても安心だ。汗をかく環境で利用した場合でも、水洗いで対応できる。

バンドは軽量のシリコン素材。厚みもそれほどないので睡眠中も着けていられる

 マルチスポーツ対応もHUAWEI Band 3の特徴だ。ランニングやウォーキング、サイクリングなどの屋外スポーツのほか、ランニングマシンやエアロバイク、プール(スイミング)などの屋内での運動もサポートする。6軸センサーを搭載しているため、水泳姿勢を自動的に識別できる。これにより、ターン数や距離、ストローク数、消費カロリーなども正確に計測可能だ。

運動を記録する際は種類を選んでタップするだけ

 HUAWEI Band 3は本体裏面に心拍センサーも搭載しており、AIアルゴリズムなどを活用したファーウェイの独自技術「HUAWEI TruSeen 3.0」と組み合わせることで、精度の高い心拍モニタリングを実行してくれる。トレーニング時の心拍数は、効率的な運動のための大きな指標となる。手元で数値を確認しながらトレーニングの強度を調節すれば、脂肪燃焼や有酸素運動など、目的に合った運動ができるのだ。

心拍計も内蔵されているので、負荷をリアルタイムで確認しながら運動できる

 なお、バッテリー容量は100mAh。メーカー公称値では、通常使用で約10日間は持つとされている。実際のところ、フル充電の状態から5日間ほど身に着けて利用したが、バッテリー残量はまだまだ半分以上残されていた。ウェアラブル端末は、充電の手間が負担になって使うのが面倒になってしまうこともありがちなだけに、こうして気軽に使えるのは大きい。

約10日持つので、毎日充電する必要はない

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事