このページの本文へ

マウス、LTE対応の13.3型モバイルノートPC

2018年02月21日 11時00分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは2月21日、LTE対応の13.3型モバイルノートパソコン「MB13BCM8S2WL」と「MB13BCM8S2WL-A」を発表した。価格はオープンで、全国のマウスコンピューター製品取り扱い家電量販店で販売する。

 LTEモジュールを搭載しており、外出先でもインターネットに接続可能。対応バンドは3G(1/19)、LTE(1/3/19/21)で、日本国内用のSIMフリーに対応。

 高さ17.6mm前後と薄型で、突起部分を極力削減したフラットなデザインを採用した。バッテリーは8.6時間前後を実現(JEITA 2.0)。ディスプレーは室内の照明や外光の映り込みが少ないノングレア フルHD液晶を採用しており、高精細映像を味わえるという。MB13BCM8S2WLと、Microsoft Officeを搭載したMB13BCM8S2WL-Aの2モデルを用意する。

 スペックはWindows 10 Home、Celeron プロセッサー 3865U、8GBメモリー、240GB SSD、IEEE 802.11 ac/a/b/g/n。インターフェースはHDMI 2.0、Mini DisplayPort、USB 3.0×3、イーサネット、ヘッドフォン出力、マイク入力、microSIMカードスロット。サイズはMB13BCM8S2WLが幅329.8×奥行き225×高さ17.6mm、MB13BCM8S2WL-Aが幅329.8×奥行き225×高さ20.1mm。 重量は1.5kg前後。

カテゴリートップへ